「自由契約」になった助っ人たち 他球団が獲得“検討すべき”選手はいるか

助っ人

2021/12/11 18:00

阪神・エドワーズ(左)と広島・メヒア(写真提供・阪神タイガース/広島東洋カープ)
阪神・エドワーズ(左)と広島・メヒア(写真提供・阪神タイガース/広島東洋カープ)

 プロ野球もストーブリーグに突入したが、フリーエージェントで他球団と交渉しているのは又吉克樹(中日)のみと、少し静かなスタートとなっている。広島、西武、ヤクルト、日本ハムなどは既に新外国人の獲得を発表しているが、メジャーリーグでは労使交渉の決裂によって選手と球団の移籍交渉もストップしており、その影響でNPB球団も外国人選手の獲得が難しくなっているのが現状だ。

【写真】巨人で年俸大幅減となった選手はこちら!

 そうなると注目されるのが今年まで日本でプレーしていた外国人選手ではないだろうか。12月2日には自由契約となった選手の一覧が公示されたが、その中から他球団が獲得を検討しても面白い選手をピックアップしてみたいと思う。

 投手でまだまだ余力が感じられるのがリリーフ右腕のヒギンス(前オリックス)だ。来日1年目の昨年は41試合に登板して19ホールド、2年目の今年は49試合に登板して2セーブ、28ホールドをマークし、防御率も2点台中盤とまずまずの数字を残している。ブレーキのあるチェンジアップという必殺の変化球があり、打者の目線をずらすカーブも面白いボールだ。単調になってストレートを痛打されるシーンも目立ったが、コンスタントに150キロ台をマークするスピードがあるため、組み立てを工夫すればまだまだ安定感がアップする可能性はある。2年続けて成績を残しているというのは大きなプラス材料であり、ブルペン陣が苦しい球団は獲得を検討しても面白いのではないだろうか。

 投手でもう1人面白いのが同じリリーフ投手のエドワーズ(前阪神)だ。昨年は23試合に登板して12ホールドをマーク。今年は一軍でわずか7試合の登板に終わったが、外国人枠の都合によるところが大きかったように見える。二軍での成績を見ても27試合に登板して防御率は2点台後半ながらイニング数を上回る奪三振を記録し、WHIP(1イニングあたりの被安打数+与四球数)も0.94と見事な数字を残している。コンスタントに150キロを超えるストレートは数字に見合う勢いがあり、空振りをとれる球質というのが大きな魅力だ。縦のスライダーも決め球としても有効である。ストレートの力が落ちていないようであれば、獲得を検討する余地は十分にありそうだ。

NEXT

野手で“面白い存在”は…

1 2

あわせて読みたい

  • “去就未定”の選手を獲得する球団は現れるか 補強に動いてもいいチームは?

    “去就未定”の選手を獲得する球団は現れるか 補強に動いてもいいチームは?

    dot.

    1/9

    “当たり続出”広島、中日が高評価 一方、巨人阪神は…<セ・リーグ外国人選手査定>

    “当たり続出”広島、中日が高評価 一方、巨人阪神は…<セ・リーグ外国人選手査定>

    dot.

    12/5

  • SBは助っ人も「最強」、低迷ロッテは「ダメダメ」 <パ・リーグ外国人選手査定>

    SBは助っ人も「最強」、低迷ロッテは「ダメダメ」 <パ・リーグ外国人選手査定>

    dot.

    12/12

    助っ人にも面白い存在…昨オフ戦力外の選手で“獲得の価値”があるのは?

    助っ人にも面白い存在…昨オフ戦力外の選手で“獲得の価値”があるのは?

    dot.

    2/5

  • 他球団で活躍のケースも…助っ人の“見切り”が早いチームは?逆に我慢強いのは?

    他球団で活躍のケースも…助っ人の“見切り”が早いチームは?逆に我慢強いのは?

    dot.

    2/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す