カレーの「ココイチ」のひそかな謎 “辛さ増し”の有料と無料は何が違うのかを直撃してみた

カレー

2021/09/27 11:00

ココイチのカレー。有料で10段階の辛さ増しができる(画像=壱番屋提供
ココイチのカレー。有料で10段階の辛さ増しができる(画像=壱番屋提供

「カレーハウス CoCo 壱番屋」(通称ココイチ)の「辛さ」を巡り、ささやかな疑問があった。ココイチのカレーは注文時、有料で辛さを変更できるのだが、一方で卓上には「とび辛スパイス」というオリジナルの粉末の辛味調味料があり、好きなだけ入れられる。この「とび辛」はただの唐辛子ではなく、店頭などで販売もされているこだわりのスパイスで、ハマっているファンもいるようだ。有料の辛さ増しがありつつ、なぜ別のこだわり辛味アイテムがわざわざ置かれているのか。違いは一体何なのか。このひそかな“謎”について、ココイチにちゃんと聞いてみた。

【写真】激辛ブームを牽引する7店の「名物メニュー」はこちら


*  *  *
 ココイチ好きの人には説明するまでもないだろうが、店内で基本メニューのポークカレーを注文すると、ライスの量と辛さを聞かれる。ここで辛さを変更せず「普通」にすれば「一般的な中辛程度」のカレーが提供される。

 辛さは最高で「10辛」まであり、「一般的な辛口程度」の1辛から、「1辛の約12倍」の5辛まで22円ずつ値段が上がる。6~10辛は5辛と同じ一律110円に設定されているが、「今まで5辛を完食された方に限らせていただきます」との注釈があり、相当な覚悟のいる辛さだと分かる。

 一方で、卓上には「とび辛スパイス」という粉末のオリジナル辛味調味料があり、入れ放題だ。ステンレスの容器に「少量でお試しの後、お好みに合わせて辛さを調整してください」と書かれている通り、これがけっこう辛い。辛口が好きだからと調子に乗って入れすぎると、顔からじわりと汗が噴き出てくる。

 この「とび辛スパイス」はただの唐辛子ではない。複数のスパイスからなるココイチこだわりの辛味調味料で、小袋入りと瓶入りのものが店頭や通販などで販売されており、味わいにハマって購入を続けているファンもいるようだ。瓶入りの商品は長期保存しても固まらないよう、卓上のものとは少し中身を変えているという。

 筆者はずっと、この2つの辛さ増しの存在にささやかな疑問を抱き続けてきた。有料の辛さ増しだけではなく、なぜ別のこだわり辛味アイテムがわざわざ置かれているのか。

NEXT

有料は“ひと手間”かかっている

1 2 3

あわせて読みたい

  • 「第4次激辛ブーム」到来 日本の“激辛史”始まりはいつ?

    「第4次激辛ブーム」到来 日本の“激辛史”始まりはいつ?

    AERA

    3/18

    激辛料理のネクストブレイクは? 「マイナーエスニック」に注目!

    激辛料理のネクストブレイクは? 「マイナーエスニック」に注目!

    AERA

    3/18

  • 関根勤が薦める「飛び回し蹴りのような」絶品インドカレーとは?

    関根勤が薦める「飛び回し蹴りのような」絶品インドカレーとは?

    週刊朝日

    9/9

    辛いもの好きに悪い人はいない!? 激辛ブームを牽引する7店の名物料理

    辛いもの好きに悪い人はいない!? 激辛ブームを牽引する7店の名物料理

    週刊朝日

    12/3

  • マスタード、練りカラシ、そして……食材の風味に、そして食卓にもピリリと刺激を添える「カラシ」のお話

    マスタード、練りカラシ、そして……食材の風味に、そして食卓にもピリリと刺激を添える「カラシ」のお話

    tenki.jp

    9/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す