メガクラブへの移籍も? 欧州選手権で評価を“急上昇”させた「6人の選手」 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

メガクラブへの移籍も? 欧州選手権で評価を“急上昇”させた「6人の選手」

三上凌平dot.
今年も多くの新星が登場した欧州選手権(写真/gettyimages)

今年も多くの新星が登場した欧州選手権(写真/gettyimages)

 イタリア、イングランドが決勝(現地7月11日開催)に駒を進めた欧州選手権は、国の威信をかけた戦いであるのと同時に、選手個人が名前を売るのにも絶好の舞台でもある。開催されるたびに、新たなスター選手が誕生する同大会だが、今年のEURO2020で評価を大きく上げた6選手を紹介したいと思う。

【写真】「居酒屋のユニホーム」と酷評された東京五輪表彰式衣装はこちら(他5枚)

*  *  *
■マヌエル・ロカテッリ(イタリア)

2020-21シーズンのセリエAを騒がせたサッスオーロのレジスタが、“アッズーリ”でも躍動。所属クラブよりも攻撃的なポジションを任されると、アタッキングセンスが開花。パスワークにも参加しつつ、持ち前の戦術眼で相手の死角をうまく取りながらボックス内へ侵入し、ネットを揺らす。スイス戦ではまさにその長所が生かされた先制点の他、逆足で鋭いミドルシュートも叩き込んでみせ、スター・オブ・ザ・マッチに輝いた。タックル数(14)も全体で2位タイにつけており、前線から積極的にプレッシングを狙う中で守備のキーマンにもなっている。大会屈指の中盤を誇るイタリアゆえに先発で出場する機会は多くはなかったが、優勝まであと一歩と迫っている絶好調の彼らをけん引したのは間違いない。すでにユヴェントスやアーセナル等ビッグクラブの関心も聞こえてきており、今夏のステップアップは確実視されている。今大会のブレークスターの1人だろう。


■デンゼル・ダンフリース(オランダ)

ラウンド16でチェコを前に無念の敗退を喫したオランダだったが、最もインパクトを残したのがダンフリースだろう。190cm近い身長と屈強な体躯を誇る大型サイドバックは、所属のPSVより一列前で全4試合に先発出場。システムのかみ合わせ上フリーになることが多かったとはいえ、クロスへの迫力ある飛び込みはオランダ最大の武器となり、DFながら2ゴールを奪った。今大会を沸かせた1人だろう。この25歳のサイドバックにはドイツ王者バイエルン・ミュンヘンなどからの関心が伝えられており、PSVのロジャー・シュミット監督も「サッカーとはそういうもの」と退団を覚悟。本人も大会前にステップアップ希望を公言していた。今後の動向にも注目だ。



トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい