「学問の神」として知られる菅原道真公が「冤罪の神」として信仰された理由 

あなたの知らない神社仏閣の世界

2021/06/26 07:00

●その後のお宮創設

 太宰府天満宮は、道真の霊廟として建立されたお宮である。道真の亡骸を運んでいた牛車が、この地で動かなくなったため、ここに留まりたいという道真の意思であろうとの配慮から生まれたものだ。時平の死去に伴い、朝廷から社殿が奉納されたほか、度重なる訃報や災害の度に、太宰府天満宮への奉納が行われていたが、京にも道真を祀る神社・北野天満宮が創建された。今では、全国に約一万社あるとされる天神さまの本社・本宮として両天満宮は知られている。

●御利益は冤罪を晴らすこと

 死後100年ほどが過ぎた頃の一条天皇の時代、道真は左大臣に、そして太政大臣へと昇進、ますます天神さまとしての信仰が進んでいった。このような経緯から、この頃には怨霊鎮魂としての信仰よりも、「冤罪を晴らす神」「正直の神」、あるいは「怨敵調伏」「戦勝祈願」といった側面から信仰されていったようだ。

 現在は、穏やかに若者たちからの合格祈願を受ける神さまも、古くは怒りを鎮めてもらうために始まった信仰だったのである。1000年も経てば、神さまの扱いも変わるもの、怨霊よりも今ではむしろ子どもたちの守り神に近いかもしれない。

 菅原道真の誕生日は6月25日で、命日も2月25日(ともに旧暦)。このことから25日は天神さまの日とされている。清涼殿に雷が落ちたのが死後27年目の6月26日となれば、科学の発達した現代でも「少しは恨みが関係してるかも…」と思ってしまう日付の偶然である。

 そして、人の噂は75日で消えないという、歴史的な事象でもあるかもしれない。(文・写真:『東京のパワースポットを歩く』・鈴子)

鈴子

鈴子

昭和生まれのライター&編集者。神社仏閣とパワースポットに関するブログ「東京のパワースポットを歩く」(https://tokyopowerspot.com/blog/)が好評。著書に「怨霊退散! TOKYO最強パワースポットを歩く!東東京編/西東京編」(ファミマ・ドット・コム)、「開運ご利益東京・下町散歩 」(Gakken Mook)、「山手線と総武線で「金運」さんぽ!! 」「大江戸線で『縁結び』さんぽ!!」(いずれも新翠舎電子書籍)など。得意ジャンルはほかに欧米を中心とした海外テレビドラマ。ハワイ好き

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • 本日2月25日は、“学問の神様”菅原道真の命日です

    本日2月25日は、“学問の神様”菅原道真の命日です

    tenki.jp

    2/25

    受験シーズン到来!  学問の神様を祀る「天満宮」についてきちんと理解し、合格祈願に行こう!

    受験シーズン到来!  学問の神様を祀る「天満宮」についてきちんと理解し、合格祈願に行こう!

    tenki.jp

    1/20

  • 受験の神様・菅原道真はもともと怨霊だった?

    受験の神様・菅原道真はもともと怨霊だった?

    週刊朝日

    2/14

    本当は怨霊だった

    本当は怨霊だった"受験の神様" 菅原道真

    BOOKSTAND

    10/1

  • 2月25日は梅花祭。天満宮へ出かけよう−俳句歳時記を楽しむ

    2月25日は梅花祭。天満宮へ出かけよう−俳句歳時記を楽しむ

    tenki.jp

    2/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す