「そんな人、誰が入学させたいと思う?」模擬面接での先生の言葉がトラウマに…22歳女子大生に鴻上尚史が勧める克服方法 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「そんな人、誰が入学させたいと思う?」模擬面接での先生の言葉がトラウマに…22歳女子大生に鴻上尚史が勧める克服方法

連載「鴻上尚史のほがらか人生相談~息苦しい『世間』を楽に生きる処方箋」

dot.#読書#鴻上尚史

 4年前の模擬面接の先生の言葉に苦しみ、面接が苦手になってしまったという22歳の女子大学生。就職活動を前に焦る相談者に鴻上尚史が勧める「まず始めること」「一番してほしいこと」とは。

【相談102】模擬面接の先生の言葉が未だにトラウマです(22歳 女性 ヌーナナ)

 大学3年女子です。

 私の悩みは高校生の時のある出来事が未だにトラウマになってしまっているということです。

 その出来事について、少々長くなりますが、説明します。

 高3の時、担任や進路主任の勧めで地元の国立大学の推薦入試(試験内容は小論文+面接)を受験しました。

 その推薦入試の1週間前に、高校で教員3人を面接官に見立てた模擬面接がありました。

 その模擬面接で真ん中に座っていた先生から、「そんな人、誰が入学させたいと思う?」「いつものあなたじゃ受からないよ」とキツめに言われました(実際、不合格でした)。

 もちろん自分のダメなところもわかった上で、面接では自分の長所や、大学では自分のダメな所をどう変えたいのか、をアピールしたつもりでした。

 それでも「そんな人」と言われたのです。

 この時、私は初めて、自分が「そんな人」なんて言われてしまうような人間で、いつもの自分はダメな人間なんだと思い知らされました。

 この出来事からもう4年も経つのに、未だにこの出来事がフラッシュバックしたり、夢にみたりします。

「面接」という文言を見聞きしただけでも腹痛を起こします。

 そろそろ就活しなきゃなのに。

 どうしたら、この過去から解放されるのでしょうか?

 ぜひご意見伺いたいです。

【鴻上さんの答え】
 ヌーナナさん。大変な目に遭いましたね。

 ヌーナナさんは何も悪くないですね。高校3年で、緊張していて、必死に面接の練習をしている時に、きつい口調で「そんな人、誰が入学させたいと思う?」「いつものあなたじゃ受からないよ」と言われたら、それはショックでしょう。

 ヌーナナさんが面接をナメて、バカにしていたのならともかく、教師から見て足らないと感じても、こんな言い方はしなくてよかったのにと思います。

 それでも、「面接」の季節はやってきますね。

 残念ながら、就職と「面接」は切っても切れないものですからね。

 とすれば、ここはひとつ、なんとかして「面接」に対する苦手意識を和らげるしかないと思います。

 ヌーナナさんは、「トラウマ」という言葉を使っていますが、ただ緊張するだけではなく、腹痛という身体反応を起こすのですから、事態はちょっとやっかいですね。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい