阪神はなぜ勝負どころで勝てるのか…矢野監督が見せた巧みな“超積極采配”

2019/10/08 11:30

 セ・リーグのクライマックスシリーズファーストステージはレギュラーシーズン3位の阪神が2位のDeNAを2勝1敗で下してファイナルステージ進出を決めた。ペナントレース終盤では一つも負けられない状況から6連勝して滑り込みで3位に入り、ファーストステージも勝ち抜くことができた要因はどこにあるのか、探ってみたいと思う。

あわせて読みたい

  • 阪神 CS下剋上は夢じゃないこれだけの理由

    阪神 CS下剋上は夢じゃないこれだけの理由

    dot.

    10/5

    阪神は今年もV逸か…「矢野監督と高津監督の采配力の差を感じる」辛らつな声

    阪神は今年もV逸か…「矢野監督と高津監督の采配力の差を感じる」辛らつな声

    dot.

    10/11

  • 鈴木誠也は4番で起用すべきか…侍Jは連勝で決勝T進出も、投打で“見極め”必要に

    鈴木誠也は4番で起用すべきか…侍Jは連勝で決勝T進出も、投打で“見極め”必要に

    dot.

    7/31

    阪神・矢野、中日・与田両監督は“勝負の3年目” 手腕は「続投」に値するものか

    阪神・矢野、中日・与田両監督は“勝負の3年目” 手腕は「続投」に値するものか

    dot.

    7/1

  • 広島の対抗馬は大型補強の「巨人」ではなく、投手王国の「阪神」?

    広島の対抗馬は大型補強の「巨人」ではなく、投手王国の「阪神」?

    dot.

    12/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す