ロッテは佐々木か奥川を指名し、“投手王国化”を目指せ【ドラフト2019】 (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ロッテは佐々木か奥川を指名し、“投手王国化”を目指せ【ドラフト2019】

このエントリーをはてなブックマークに追加
氏原英明dot.
星稜の奥川恭伸 (c)朝日新聞社

星稜の奥川恭伸 (c)朝日新聞社

 高校生捕手も指名候補になる。ルーキーとして試合に登板した東妻勇輔の弟に当たる東妻純平は強肩強打のスラッガーとして評価する声も高い。実現すれば、将来的には兄弟バッテリーも実現する。山瀬慎之助(星稜)や水上桂(明石商)のU-18代表組や藤田健斗(中京学院大中京)も、高校トップクラスの捕手として評価が高い。(文・氏原英明)

●プロフィール
氏原英明
1977年、サンパウロ生まれ奈良育ち。地方新聞社勤務を経て、03年からフリーライター。夏の甲子園は03年から大会をすべて観戦取材するなど、アマチュア野球に精通。現在のプロ野球選手のアマチュア時代を知る強さを生かし、プロの現場でも成長ぶりを追いかける。一方、最近では個性がどう生かされているかをプロアマを問わず観戦の主眼に置いている。近著には「甲子園という病」 (新潮新書)がある。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい