黒田官兵衛を陥れた“卑怯者”の代名詞・荒木村重に子孫が…! 波乱の画家・岩佐又兵衛

あなたの知らない神社仏閣の世界

神社仏閣

2019/03/16 07:00

 数年前の大河ドラマ「軍師官兵衛」で、主人公の黒田官兵衛が何度か窮地に陥るのだが、中でも過酷な土牢に監禁され、以後足に障害が残るという話があった。これは、織田信長への裏切りを考え直すよう赴いた官兵衛を閉じ込め、信長に徹底抗戦したあげく、結局敗戦色が濃くなると籠城していた城から単身逃げ出した荒木村重の所業である。最終的に人質として城に残った女子どもを、信長から皆殺しにされる結果を招いた。大河ドラマ視聴以後、荒木村重という名前が私の中では“卑怯者”の代名詞になっている。

あわせて読みたい

  • 「美しいだけが刀剣ではない」「祈りを光で」 刀剣や仏像が現代アートに

    「美しいだけが刀剣ではない」「祈りを光で」 刀剣や仏像が現代アートに

    AERA

    4/18

    「麒麟がくる」で奮闘中! 城の魅力は“戦国の堅城”にあり

    「麒麟がくる」で奮闘中! 城の魅力は“戦国の堅城”にあり

    週刊朝日

    4/19

  • 岡田准一 「官兵衛」でとても疲れた場面とは?

    岡田准一 「官兵衛」でとても疲れた場面とは?

    週刊朝日

    4/13

    入り過ぎ? 1週間に11回入浴 黒田官兵衛が愛した有馬温泉

    入り過ぎ? 1週間に11回入浴 黒田官兵衛が愛した有馬温泉

    dot.

    1/16

  • 「麒麟がくる」で注目! 信長に仕え本能寺の変を生き延びた“黒人侍”

    「麒麟がくる」で注目! 信長に仕え本能寺の変を生き延びた“黒人侍”

    週刊朝日

    10/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す