パンチパーマに金のネックレス、選手名鑑には住所…古き良き“昭和のプロ野球”

2018/12/28 16:00

 来たる2019、平成元年生まれのプロ野球選手たちは30歳となる節目のシーズンを迎える。現役選手を見ても平成生まれが多数派。平成最後の年末、新元号を受け入れる前に、古き良き昭和の時代のプロ野球界を、改めて振り返っておきたい。

あわせて読みたい

  • 世界が驚く日本のプロレス 過去に人形と対戦も

    世界が驚く日本のプロレス 過去に人形と対戦も

    AERA

    12/31

    雰囲気じゃない“本物”の男前! 一昔前の「イケメン」プロ野球選手といえば?

    雰囲気じゃない“本物”の男前! 一昔前の「イケメン」プロ野球選手といえば?

    dot.

    1/25

  • 球団別『平成最高の4番』を選んでみた【セ・リーグ編】

    球団別『平成最高の4番』を選んでみた【セ・リーグ編】

    dot.

    9/22

    「前代未聞」の転身 強い信念で夢つかんだ履正社・西川の甲子園

    「前代未聞」の転身 強い信念で夢つかんだ履正社・西川の甲子園

    dot.

    8/23

  • なぜ「野球帽」ルール明記なしでも「全員着用」? 初代から現在まで170年の歴史を紐解く

    なぜ「野球帽」ルール明記なしでも「全員着用」? 初代から現在まで170年の歴史を紐解く

    AERA

    7/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す