チェックインから搭乗口まで50分…やたらに広い空港が生まれる理由 <下川裕治のどこへと訊かれて> (2/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

チェックインから搭乗口まで50分…やたらに広い空港が生まれる理由 <下川裕治のどこへと訊かれて>

連載「どこへと訊かれて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(毎週)、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(毎月)、「タビノート」(毎月)

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(毎週)、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(毎月)、「タビノート」(毎月)

出発地、スマランのアフマド・ヤニ空港。のんびりした地方空港の趣だったが、この後…

出発地、スマランのアフマド・ヤニ空港。のんびりした地方空港の趣だったが、この後…

 スマランからの飛行機は30分ほど遅れてジャカルタに到着した。ターミナル2である。訊くとスカイトレインという無料電車でターミナル3に行けという。乗り継ぎ時間はそう長くない。息せき切ってターミナル3に着き、チェックインをすませた。

「急いでください。搭乗口はだいぶ遠いですから」

 ターミナル3は正式にはターミナル3アルティメットという。2016年に部分的に開港。2017年5月には国際線も乗り入れるようになった。半年ほど前、このターミナルを利用していた。搭乗口が遠かったという記憶はない。

 しかし遠かった。行けども、行けども搭乗口に近づかない。空港見取り図を見て納得した。ターミナル3は、閉鎖されていたLCC専用の旧ターミナル3とつながり、とんでもなく広い空港になっていたのだ。ジャカルタの空港は、日本では考えられない速度で膨張していた。空港も経済成長のただなかにいた。

 やっと搭乗口に着いた。時計を見るとチェックインカウンターから50分。すでに搭乗がはじまっていた。

 ジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港では、乗り継ぎのために足腰を鍛えなくてはいけない。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

下川裕治

下川裕治(しもかわ・ゆうじ)/1954年生まれ。アジアや沖縄を中心に著書多数。ネット配信の連載は「クリックディープ旅」(隔週)、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週)、「東南アジア全鉄道走破の旅」(隔週)、「タビノート」(毎月)など

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい