“学習障害”が有利なことも? 専門家が「平均的な子」こそ危ないという理由

AERAwithKids

2017/10/27 11:30

 知的にはまったく問題ないにもかかわらず、「読み書き」に対して、不自由さを抱えている学習障害のことをディスレクシアといいます。正式な統計はありませんが、人口の10%ほどがディクレシアであるといわれるほど、この症状を抱えている人たちはたくさんいます。しかし今までは、気づかれなかったり、誤解されたりするケースが多かったといいます。もちろん、子どもでもディスレクシアの症状を抱えている子は多くいます。『AERA with Kids秋号』(朝日新聞出版)では、わが子がディスレクシアかも?と思ったとき、親はどうするべきかについて取材しました。

あわせて読みたい

  • トム・クルーズも苦しんだ読み書きの学習障害 親はどう対処すべきか

    トム・クルーズも苦しんだ読み書きの学習障害 親はどう対処すべきか

    dot.

    10/20

    今のテレビをつまらなくしたのはコイツだ! ディレクター本音座談会

    今のテレビをつまらなくしたのはコイツだ! ディレクター本音座談会

    AERA

    11/22

  • スカートをはかない娘を心配した自分の中にも「ジェンダーバイアスがあった」 母が子育てを振り返る

    スカートをはかない娘を心配した自分の中にも「ジェンダーバイアスがあった」 母が子育てを振り返る

    AERA

    7/15

    心のモヤモヤを解消する「バースレビュー」で ママを笑顔に! (後編)

    心のモヤモヤを解消する「バースレビュー」で ママを笑顔に! (後編)

    出産準備サイト

    8/12

  • なぐり書きから“チャボ”生き生きと 「空間認知」の困りごと解決した幼児期のトレーニング
    筆者の顔写真

    江利川ちひろ

    なぐり書きから“チャボ”生き生きと 「空間認知」の困りごと解決した幼児期のトレーニング

    AERA

    1/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す