西澤寿樹〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西澤寿樹

このエントリーをはてなブックマークに追加
西澤寿樹

西澤寿樹

西澤寿樹(にしざわ・としき)/1964年、長野県生まれ。臨床心理士、カウンセラー。女性と夫婦のためのカウンセリングルーム「@はあと・くりにっく」(東京・渋谷)で多くのカップルから相談を受ける。経営者、医療関係者、アーティスト等のクライアントを多く抱える。 慶應義塾大学経営管理研究科修士課程修了、青山学院大学大学院文学研究科心理学専攻博士後期課程単位取得退学。戦略コンサルティング会社、証券会社勤務を経て現職

  • NEW

    近づきたいけど近づけない 夫婦の「ハリネズミのジレンマ」

    男と女の処世術 dot.

    カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載。今回のテーマは「離婚のクーリングオフ」です。*   *    * もうしばらく前の話になりますが、中国の全人代で、香港版「国家安全法」の陰に隠れていましたが、中国民法典という法律が制定されたのだそうです。日本の民法と同じく、家...

  • 「私のこと好きな気持ちある?」 妻に「強制」された夫の答えは

    男と女の処世術 dot.

     緊急事態宣言が解除された。長い外出自粛生活で、家族の親密性を高めた家庭もあれば、ストレスを上げた家庭もあったことだろう。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載。今回は妻に「強制」された状況に適応した夫の心理について解説する。*   *  * 首都圏も緊急事態宣言が...

  • 1日の半分は話し相手がいない… コロナ自粛を苦しくしている「受動的生活」の罠

    男と女の処世術 dot.

     緊急事態宣言が5月末まで延長されることが決定した。外出自粛が続く中、ストレスをどう解消していくのか。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「受動的な生活の落とし穴」について解説する。*  *  * 新型コロナウイルスをめぐる状況は刻々と変わっていますが、皆...

  • 在宅勤務でトラブル続出「夫がうっとうしい」「妻に嫌な顔をされた」 夫婦カウンセラーが教えるストレス対処法

    男と女の処世術 dot.

     新型コロナウイルス対策で、大人も子どもも家にいる時間が増えている。いつまで続くかわからない状況に不安とストレスを感じ、家庭内のトラブルも起きやすくなっているという。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「ストレス対処法」を解説する。*  *  * 新型コロ...

  • 「不倫はもうしない」は信用できない? 夫婦カウンセラーが見た薬物との共通点

    男と女の処世術 dot.

     芸能人の薬物問題や不倫が盛んに報じられるが、この2つの問題には共通点があるという。カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載、今回は「非難と反省の効果」について解説する。*  *  * シンガー・ソングライターの槇原敬之さんが、覚醒剤取締法違反(所持)などの疑いで逮捕...

おすすめの記事おすすめの記事