中瀬ゆかり

中瀬ゆかり(なかせ・ゆかり)/和歌山県出身。「新潮」編集部、「新潮45」編集長等を経て、2011年4月より出版部部長。「5時に夢中!」(TOKYO MX)、「とくダネ!」(フジテレビ)、「垣花正 あなたとハッピー!」(ニッポン放送)などに出演中。編集者として、白洲正子、野坂昭如、北杜夫、林真理子、群ようこなどの人気作家を担当。彼らのエッセイに「ペコちゃん」「魔性の女A子」などの名前で登場する名物編集長。最愛の伴侶、 作家の白川道が2015年4月に死去。ボツイチに。

  • 中瀬ゆかり「トウチャンが逝ってから4度目の春、ようやく再生した私の使命」【最終回】

    中瀬ゆかり「トウチャンが逝ってから4度目の春、ようやく再生した私の使命」【最終回】

     またこの季節が巡ってきた。トウチャンが逝ってから4度目の春だ。彼は、桜が大好きだった。亡くなる少し前に満開だった桜を見に、ひとりでタクシーに乗って青山墓地の桜トンネルをくぐってきた、と話していた。「

    dot.

    3/21

  • 中瀬ゆかり「女が付き合ってはいけない3B男とは?」

    中瀬ゆかり「女が付き合ってはいけない3B男とは?」

    「『おばあさんじゃなくてよかったぁ』って。はっきりそう言われたのよぉぉ」と目の前のワイングラスの脚を強く握りしめて語るのは私の学生時代の同級生M子。 バツイチのM子は現在、絶賛婚活中だ。童顔で色白ぽっ

    dot.

    3/7

  • 中瀬ゆかり「西原理恵子、岩井志麻子と私に呼び出され、『コワイよぉ』とおびえていたウワシンの岡留さん」

    中瀬ゆかり「西原理恵子、岩井志麻子と私に呼び出され、『コワイよぉ』とおびえていたウワシンの岡留さん」

     今年もすでに多くの訃報に接したが、特に個人的に感慨深く、一報を聞き思わず黙とうを捧げたのが、『噂の真相』の編集長兼発行人だった岡留安則さんのそれだった。 私はさんざん誌面にいろんな切り口で取り上げら

    dot.

    2/21

  • 中瀬ゆかり「トウチャンの死後、おひとりさま競輪場ツアーを敢行、幼稚なメンタルとは」

    中瀬ゆかり「トウチャンの死後、おひとりさま競輪場ツアーを敢行、幼稚なメンタルとは」

     いま、旅行代理店が主催する「おひとりさまツアー」が注目を浴びているようだ。条件は「全員ひとりで参加」友人同士やカップルなどは厳禁。中でも「女性限定のひとり旅」が人気らしい。休みの合う友人がいないけど

    dot.

    2/7

  • 中瀬ゆかり「95歳の佐藤愛子先生に老化のサインが出ない理由」

    中瀬ゆかり「95歳の佐藤愛子先生に老化のサインが出ない理由」

     今年に入って老いを実感することが多くなった。まず、年末年始に声帯が腫れあがって1週間声がでなくなり(天竜源一郎風)、そのまま結膜炎も併発した。ようやくそれらが収まったと思ったら、今度は深爪した左足の

    dot.

    1/24

  • 中瀬ゆかり「正月太りもこれで解消!ゴキブリ健康法とは?」

    中瀬ゆかり「正月太りもこれで解消!ゴキブリ健康法とは?」

     新年あけましておめでとうございます。ついに2019年。ボツイチになって5年目の年に突入する。トウチャンを亡くしてから私は一時期最高で7キロ痩せたが、その後4キロリバウンドし、その後増えたり減ったりを

    dot.

    1/10

  • 中瀬ゆかり「『幸不幸の帳尻は、その人間が死ぬときに決まる』という名セリフは…」

    中瀬ゆかり「『幸不幸の帳尻は、その人間が死ぬときに決まる』という名セリフは…」

     人生で大切なことは書物、とくに小説から学んできたのだが、私にとってかけがえのない小説が、先日37年間の月日を経て完結した。トウチャンが亡くなったあとの何度も手に取って気持ちを慰めてくれた物語。そう、

    dot.

    12/27

  • 中瀬ゆかり「炎上王子・古市憲寿クンが語った場を凍りつかせた結婚感とは?」

    中瀬ゆかり「炎上王子・古市憲寿クンが語った場を凍りつかせた結婚感とは?」

     今年もっともブレイクした旬の人物のひとりは、社会学者の古市憲寿クンではなかろうか。『絶望の国の幸福な若者たち』『だから日本はズレている』などの著作があり、最近は『平成くん、さようなら』という小説を発

    dot.

    12/13

  • 中瀬ゆかり「ゴーン・ショックで金の使い方は人生の縮図と思ったワケ」

    中瀬ゆかり「ゴーン・ショックで金の使い方は人生の縮図と思ったワケ」

     カルロス・ゴーン氏の突然の逮捕に世界中に激震が走った。有価証券報告書に役員報酬の50億円近くを過少に記載していたというのを聞いて、彼はいったい何が欲しかったのだろう、と、想像もつかない大金持ちの天井

    dot.

    11/29

  • 中瀬ゆかり「私が高須クリニック院長に整形を断られた深いワケ」

    中瀬ゆかり「私が高須クリニック院長に整形を断られた深いワケ」

     私は自他ともに認めるブスだ。自虐でもなんでもなく、冷静に自分をブスだなあ、と思うことが増えた。こんなことを書くきっかけになったのは飛行機で移動中爆睡している寝顔を隣にいた盟友・岩井志麻子に盗撮された

    dot.

    11/15

1 2 3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す