中瀬ゆかり〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中瀬ゆかり

このエントリーをはてなブックマークに追加
中瀬ゆかり

中瀬ゆかり

中瀬ゆかり(なかせ・ゆかり)/和歌山県出身。「新潮」編集部、「新潮45」編集長等を経て、2011年4月より出版部部長。「5時に夢中!」(TOKYO MX)、「とくダネ!」(フジテレビ)、「垣花正 あなたとハッピー!」(ニッポン放送)などに出演中。編集者として、白洲正子、野坂昭如、北杜夫、林真理子、群ようこなどの人気作家を担当。彼らのエッセイに「ペコちゃん」「魔性の女A子」などの名前で登場する名物編集長。最愛の伴侶、 作家の白川道が2015年4月に死去。ボツイチに。

  • NEW

    中瀬ゆかり「女が付き合ってはいけない3B男とは?」

    50代ボツイチ再生工場 dot.

    「『おばあさんじゃなくてよかったぁ』って。はっきりそう言われたのよぉぉ」と目の前のワイングラスの脚を強く握りしめて語るのは私の学生時代の同級生M子。 バツイチのM子は現在、絶賛婚活中だ。童顔で色白ぽっちゃり巨乳の彼女は年齢よりずっと若く見え、40代前半でも通りそうなルックス。事務の仕事をしているのだ...

  • 中瀬ゆかり「西原理恵子、岩井志麻子と私に呼び出され、『コワイよぉ』とおびえていたウワシンの岡留さん」

    50代ボツイチ再生工場 dot.

     今年もすでに多くの訃報に接したが、特に個人的に感慨深く、一報を聞き思わず黙とうを捧げたのが、『噂の真相』の編集長兼発行人だった岡留安則さんのそれだった。 私はさんざん誌面にいろんな切り口で取り上げられた。中でも一行情報という頁の左右にあった怪しい欄には何度も登場し、グラビアや特集記事にも数度取り上...

  • 中瀬ゆかり「トウチャンの死後、おひとりさま競輪場ツアーを敢行、幼稚なメンタルとは」

    50代ボツイチ再生工場 dot.

     いま、旅行代理店が主催する「おひとりさまツアー」が注目を浴びているようだ。条件は「全員ひとりで参加」友人同士やカップルなどは厳禁。中でも「女性限定のひとり旅」が人気らしい。休みの合う友人がいないけど、たったひとりで見知らぬ海外に出かけるのは心細い、さりとて、ほかのツアーだと、夫婦や友人同士が和気藹...

  • 中瀬ゆかり「95歳の佐藤愛子先生に老化のサインが出ない理由」

    50代ボツイチ再生工場 dot.

     今年に入って老いを実感することが多くなった。まず、年末年始に声帯が腫れあがって1週間声がでなくなり(天竜源一郎風)、そのまま結膜炎も併発した。ようやくそれらが収まったと思ったら、今度は深爪した左足のつま先から黴菌が入って膿んでしまった。文字通り頭の先から爪の先まで……き...

  • 中瀬ゆかり「正月太りもこれで解消!ゴキブリ健康法とは?」

    50代ボツイチ再生工場 dot.

     新年あけましておめでとうございます。ついに2019年。ボツイチになって5年目の年に突入する。トウチャンを亡くしてから私は一時期最高で7キロ痩せたが、その後4キロリバウンドし、その後増えたり減ったりを繰り返しながら今の体型を維持(?)している。年明けに出かけた台北では中華の美食三昧だったが、正月太り...