ビジネス

  • 京大出身の弁護士がアナログな企業法務をIT化 4大事務所での「挫折」がきっかけに

     短期集中連載「起業は巡る」。第3シーズンに登場するのは、新たな技術で日本の改革を目指す若者たち。第6回は、企業法務をAIで改革する「LegalForce」の代表取締役CEO角田望氏だ。AERA 20

    AERA

    3/27

  • ウクライナ侵攻で勢いづく金価格 インフレ傾向で上昇傾向にあるも「一気に反落もある」と専門家

     上昇が続いていた金価格が、ウクライナ侵攻で勢いを増している。金価格の押し上げた要因は何か、今後の動向はどうなるのか。AERA 2022年3月28日号は専門家に聞いた。*  *  * 混迷期を迎えてい

    AERA

    3/26

  • ウクライナ侵攻で波乱の株式市場 長期の積立投資にはむしろ増額も視野に

     世界の株式市場が揺れている。年初からの下落傾向にロシアのウクライナ侵攻が重なり、主要国の株価が大幅安を記録している。コロナ禍で投資を始めた人は、どう対応すればよいのだろうか。AERA 2022年3月

    AERA

    3/25

  • 倒産前の会社の決算書に表れる「2つの異常」 “超速”で安全性を確認するには

     会社の業績が気になる決算シーズンの3月。しかし、決算書は読み方がわからない……そんな人でも“超速”で会社の安全性を確認できる方法を『決算書「分析」

    dot.

    3/25

  • 「ポイント制」や生活必需品の特典も 「株主優待」まだ間に合う狙い目

     株式相場はウクライナ危機で落ち込んだが、株の魅力は株価だけではない。値動きに関係なく、確実に得られるのが株主優待。物価上昇が予測される中、家計防衛の役に立てたい。3月の権利付き最終日を前に、お得な優

    週刊朝日

    3/24

  • 現役証券マンは波乱の日本株をどう見る? 「岸田首相が最大の株安要因」

     3月上旬、日経平均株価は1年4カ月ぶりに2万5千円を割った。その後は一気に2万6500円台を回復するなど、波乱の展開だ。ウクライナ侵攻で世界経済の先行き不透明感が高まるなか、日本株はどうなるのか? 

    週刊朝日

    3/23

この人と一緒に考える

  • 竹増貞信

    竹増貞信

    ローソン社長・竹増貞信「カスタードづくりは原料が決め手」

    「コンビニ百里の道をゆく」は、52歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  * スイーツといえば以前までは「ちょっとした嗜好

    AERA

    3/21

  • 中小企業を下請け搾取から解放、ネット検索にはない事業者が見つかる 「見積もりテクノロジー」がもたらす可能性

     短期集中連載「起業は巡る」。第3シーズンに登場するのは、新たな技術で日本の改革を目指す若者たち。第4回は、仕事版の価格比較サイトをつくった「ミツモア」創業者で代表取締役CEOの石川彩子氏だ。AERA

    AERA

    3/14

  • “仕事版”価格比較サイトはいかにして生まれたのか? “官僚志向”から転じて起業家になった女性を突き動かす原動力

     短期集中連載「起業は巡る」。第3シーズンに登場するのは、新たな技術で日本の改革を目指す若者たち。第4回は、仕事版の価格比較サイトをつくった「ミツモア」創業者で代表取締役CEOの石川彩子氏だ。AERA

    AERA

    3/13

  • 年金生活者にとって受難の時代 物価上昇と年金カットのダブルパンチで

     身の回りで値上げが相次ぐなか、公的年金の支給額は下がっている。年金生活者の生活はますます厳しくなるばかりだ。高齢者が生活防衛に走ると、経済の好循環は難しくなるという見方も出ている。*  *  *「物

    週刊朝日

    3/11

  • 宇宙が「たった一つの数式」で表わせる理由 ニュートンとアインシュタインが書き下した数式

    「宇宙の原理は数学という言語で記述されている」。地動説を唱えた天才物理学者、ガリレオ・ガリレイが残した言葉だ。なぜ宇宙をはじめとする森羅万象は、数式によって厳密に書き下せるのか? 物理法則を探求し続け

    dot.

    3/10

  • 竹増貞信

    竹増貞信

    ローソン社長・竹増貞信「米国でみた新庄剛志監督の真の姿」

    「コンビニ百里の道をゆく」は、52歳のローソン社長、竹増貞信さんの連載です。経営者のあり方やコンビニの今後について模索する日々をつづります。*  *  * プロ野球のオープン戦が始まり、開幕が待ち遠し

    AERA

    3/7

この話題を考える

  • 「我々はブラックホールの中に住んでいる?」宇宙物理学者が明かすブラックホールの謎

     ブラックホールと聞くと、暗く渦巻いた恐ろしい天体というイメージはないだろうか? 2019年に史上初めて撮影が成功するまで、我々はブラックホールを見たことはなかったのだ。今や天文学の主役と言われるほど

    dot.

    3/3

  • 「いきなり海外起業」で世界を狙う! 30代エンジニア起業家の市場規模130兆円「ソフトウェアのテスト自動化」への道のり

     短期集中連載「起業は巡る」。第3シーズンに登場するのは、新たな技術で日本の改革を目指す若者たち。第3回は、ソフトウェアのテストを自動化させた「オーティファイ」CEO・共同創業者の近澤良氏だ。AERA

    AERA

    3/3

  • ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が始動 「宇宙誕生」と「生命の存在する系外惑星」の謎に迫る

     昨年末の12月25日(米国時間)、「ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」が、ギアナ宇宙センターから打ち上げられた。ハッブル宇宙望遠鏡をはるかにしのぐ性能を持つこの望遠鏡は、宇宙のどんな謎を解き明かしてく

    AERA

    3/2

  • 「グノシー」「スマートニュース」よりビジネス特化 10億円超調達のベンチャー発AIサービス 最初に評価したのは投資家ではなかった

     短期集中連載「起業は巡る」。第3シーズンに登場するのは、新たな技術で日本の改革を目指す若者たち。第2回は、膨大なニュースや社内データの中から興味・関心に合うものをAIが選び出して配信する「ストックマ

    AERA

    2/28

  • 日経平均「4万円超え」で日本人は豊かになるのか 不動産コンサルタントが予測する“令和バブル”の行く末

     チャンスなのか、ピンチなのか。コロナ禍、史上空前の財政出動と金融緩和によって日米欧で刷り散らかされたマネーの総額は約1600兆円にも上る。あり余るマネーはどこを目指すのか。不動産コンサルタントの長嶋

    dot.

    2/28

  • 東大在学中にバイト感覚で「年1千万円」稼いだ過去も 30代起業家がAIで「情報の海に溺れた人々」を救うまで

     短期集中連載「起業は巡る」。第3シーズンに登場するのは、新たな技術で日本の改革を目指す若者たち。第2回は、膨大なニュースや社内データの中から興味・関心に合うものをAIが選び出して配信する「ストックマ

    AERA

    2/27

5 6 7 8 9

カテゴリから探す