※写真はイメージです(gettyimages)
※写真はイメージです(gettyimages)

 中学受験を考えるご家庭では親がどこまでサポートするべきか悩みどころ。子ども4人が東大理IIIに合格したことで有名な佐藤亮子さんと中学受験カウンセラーの安浪京子さんが対談し、中学受験から高校、大学受験まで役立つノウハウをまとめた書籍『親がやるべき受験サポート』から、受験のための親の心構え、やるべきことについて紹介します。今回は佐藤ママからのアドバイスです。

【写真】“佐藤ママ”こと、佐藤亮子さん

*  *  *

 わが家の子どもたちは算数が得意でした。性格的なものもあると思いますが、今振り返ってみると、「数字に対する面倒な気持ち」がなかった、ということが大きかったと思います。

 計算式を「面白そう」と思うか、「面倒」と思うかは大きな違いです。

 数字に対して精神的にハードルがあると、計算がちょっと複雑になったり、文章題で何度も計算をやらなければならないとき、「面倒だな」という気持ちが先に立ってしまいます。

 しかし、計算が速いと数字に対してなんの面倒な気持ちを持つことなく、計算式がどんなに複雑でも文章問題がどんなに厄介なものでも「面白そうだ」という気持ちで積極的に取り組むことができます。

■幼児期の公文はやはり効いた

 子どもたちに計算力がついたのは、やはり公文で計算を大量にやったおかげだと思います。公文には4人全員が1歳半くらいから3年生まで通いました。

 公文のプリントは、とくに時間を決めず、空き時間を使ってやっていました。

 夏休みなど長期休みのときは、4人全員で「公文の時間」を作って一気に集中して1日30枚ぐらいやっていました。

 もちろん、毎日継続的にやっていくことも大事ですが、計算や漢字などはある程度短期間で「一気呵成に」仕上げていったほうが身につくこともあります。

 公文のプリントは1学年分が200枚(科目によっては400枚ということもあります)。だいたい2 回同じものをやるので、のべ400枚。1日5枚ずつやっても約80日、3カ月弱かかります。

次のページ
親も横についてすぐに答え合わせを…