今季が来日6シーズン目となるソフトバンクのカーター・スチュワート(写真提供・福岡ソフトバンクホークス)

 ソフトバンクのカーター・スチュワート投手にとっての“新3カ年計画”が始まった。元MLBドラフト1位右腕は当初の予定であった早期のメジャー凱旋プランを修正、来たるべき日に備えようとしている。

【写真】イチローだけじゃない!MLBの年金額「満額支給」の日本人選手がこちら(ほか3人)

「将来はメジャーリーグを代表する投手」になる逸材と言われたスチュワートだが、今季もまずは一軍先発ローテーション定着が目標となりそうだ。

「今季限りでソフトバンクとの契約が終了し、来季からは満を持して母国でのマウンドに上がる予定だった。しかし成長の度合いが想像以上に鈍く、契約を延長して来季以降もチームに残る形となったのだろう」(ソフトバンク関係者)

 現在24歳の右腕は高校時代の2018年にMLBブレーブスからドラフト1巡目(全体8位)で指名を受けたが、身体検査で右手首に異常が判明。条件面での折り合いがつかず入団に至らなかった。その後、短大へ進学してプレーしていたが2019年6月に“電撃的”なソフトバンク入りが決まった。

 ソフトバンク入団時に結んだ6年契約の最終年となる今年11月に25歳を迎えるため、契約満了時には「25歳ルール」をクリアし、フリーエージェント(FA)の選手として好条件のメジャー契約でのMLB復帰を目論んでいたはずだ。しかし日本でのここまで5年間で思った通りの成長や実績を残すことはできなかった。

「(スチュワートのパフォーマンスに)最も失望したのは代理人のスコット・ボラス氏かもしれない。信じられない高額契約をまとめることで吸血鬼と呼ばれる男でも、現状のスチュワートではメジャーとの交渉が難しいと考えたのだろう。スチュワートの素材は超一流だけに3年の猶予期間を確保したと見るべき」(在米スポーツライター)

 当初の予定では今頃は日本である程度の成績を残しているはずだったのだろうが、昨シーズンまで実働はわずか2シーズン。通算でも3勝8敗、防御率4.01と平凡なものだ。時に「さすが元MLBのドラ1と右腕」と思わせるポテンシャルの高さを見せているものの、このままでは今シーズン中に圧倒的な数字を残さない限りはメジャーリーグの球団からは大型契約は得られないだろう。

次のページ
契約延長の額は払い過ぎとの声も