徳田拳士(とくだ・けんし)/1997年12月9日生まれ。26歳。山口県周南市出身。2009年、小学生名人戦全国大会優勝。同志社大学卒。22年、四段。山口県出身者としては初の将棋の棋士に(撮影/写真映像部・東川哲也)

 AERAの将棋連載「棋承転結」では、当代を代表する人気棋士らが月替わりで登場します。毎回一つのテーマについて語ってもらい、棋士たちの発想の秘密や思考法のヒントを探ります。35人目は、徳田拳士四段です。AERA 2024年3月4日号に掲載したインタビューのテーマは「将棋以外の楽しみ」。

【写真】徳田拳士さんの写真をもっと見る

*  *  *

「皆さん、はじめまして。小林健二九段門下の徳田拳士です。山口県の顔と言われております。長所はそこそこ、顔がいいところです。よろしくお願いします」

 2022年4月に四段に昇段した徳田は、棋士総会でそう自己紹介した。当然のように大受けし、徳田は棋士人生の冒頭から伝説を作った。

「最前列が重鎮の先生方なんですよね。だからすごいテンパっちゃって。とっさに出た言葉があれだったんですけど。それで、ずっとイジられることになってしまいました」

 ABEMAトーナメントの撮影でスタッフから再現を求められた際、徳田はそう苦笑した。徳田は山口県周南市で生まれ育った。近代将棋史上では初の、同県出身棋士だ。顔は涼やかで、発言も面白い。そしてデビュー1年目から異例の好成績をあげた。山口県のファンにとって、徳田は郷土の誇りともいえる存在だ。

「四段になって、地元の方々には大変喜んでいただけました。山口は、自然がいっぱいあるのがいいですね。疲れたときとか、帰ってゆっくりしたくなります」

 徳田の趣味は釣りだ。

「実家が瀬戸内海のすぐ近くなので、そちらで釣ることが多いです。日本海側は実家から遠いので、なかなか出向けていません。釣りは父につれていってもらっていました。父はスキーやスノボなど外で活発に動くタイプで。やりたいという遊びはだいたいやらせてもらいました」

「拳士」という名は漫画「北斗の拳」の主人公・ケンシロウにちなんで、父がつけた。

「ちょうど世代なんですね」

 徳田は小さな頃、柔道をやっていた。

「幼少期はすごい泣き虫で、いつもくよくよしてたらしいので、父親が心配して、強い子になってほしいと思ったのでしょう。たまたま近くにスポーツ少年団があって、やってみないかと」

著者プロフィールを見る
松本博文

松本博文

フリーの将棋ライター。東京大学将棋部OB。主な著書に『藤井聡太 天才はいかに生まれたか』(NHK出版新書)、『棋承転結』(朝日新聞出版)など。

松本博文の記事一覧はこちら
次のページ