※写真はイメージです(Getty Images)

 収入が増えれば暮らしがよくなるわけではない。収入だけでなく支出も増え、ある意味「低収入」状態に陥ることもある。月7万円以下で暮らすYoutuberのかぜのたみ氏は、実質「低収入」にならないためには「実際のお金の流れ」を落ち着いて振り返ることが大事だと説明する。さらに少しのモノとお金で暮らすことで、暮らしを本来の自分に合ったサイズに戻せるのだという。著書『低コスト生活 がんばって働いている訳じゃないのに、なぜか余裕ある人がやっていること。』から、かぜのたみ氏の生活費の考え方について、一部抜粋・再編集して紹介する。

【図版】まず見直したい! 固定費とは?

*  *  *

 心地いいと思える生活を実現するには、一体いくら必要なのか。

 必要な貯金を確保するには、どのくらい働いて工面すればいいのか――具体的に金額を把握していなければ、生活やお金の不安は募るばかりです。

 その「わからない状態」を式で表してみると、こんな感じではないでしょうか。

 1か月あたりの生活費?万円×12か月=1年間に必要なお金?万円

 お金や生活のわからない部分を「?」のまま置いておくと、驚くほど不安は大きくなっていきます。わからないでいると、怖くて不安になるものです。

著者プロフィールを見る
かぜのたみ

かぜのたみ

「暮らしと自分をととのえる」をテーマに、YouTubeでの音声配信「かぜたみラジオ」のパーソナリティをつとめる。仕事での無理がたたって心身の調子を崩して以来、持ち物やお金の使い方、働き方など生活にまつわるあらゆる側面を見直し、月の生活費7万円以下の暮らしにたどり着いた。ラジオでの柔らかな語り口と、物事の本質をつく鋭い内容が話題を呼び、SNSフォロワー数は8万人を突破している

かぜのたみの記事一覧はこちら
次のページ
「実際の生活費」と「理想の生活費」