東大・京大「推薦型入試」で合格者を出す高校の秘訣 1万字の卒業論文に課題研究発表も

受験

2022/07/10 08:00

 総合型選抜(旧AO入試)や学校推薦などの入試が拡大する中、難関大学にコンスタントに合格者を出す高校も出てきている。高校側はどのような取り組みをしているのか。AERA 2022年7月11日号の記事から紹介する。

あわせて読みたい

  • 東大・京大“推薦入試”に強い高校は? その秘密を探る

    東大・京大“推薦入試”に強い高校は? その秘密を探る

    週刊朝日

    3/2

    「定員の3割」国立大にAO・推薦で入る時代に? 合格者の共通点は“とがった個性”

    「定員の3割」国立大にAO・推薦で入る時代に? 合格者の共通点は“とがった個性”

    AERA

    5/22

  • 東大は合格者増加も一橋大は募集人数の半分 「推薦入試」は難しい?

    東大は合格者増加も一橋大は募集人数の半分 「推薦入試」は難しい?

    週刊朝日

    2/26

    激変? 灘、日比谷、桐蔭の校長が語る“2021年大学入試“傾向と対策

    激変? 灘、日比谷、桐蔭の校長が語る“2021年大学入試“傾向と対策

    週刊朝日

    6/6

  • 私大の定員厳格化でAO・推薦枠が増えるカラクリ

    私大の定員厳格化でAO・推薦枠が増えるカラクリ

    AERA

    11/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す