ニンジンジュース出し続け、夫の叫びで目が覚める…善意だから歯止め聞かない「寄り添いハラスメント」

2021/04/10 08:00

 身近な人ががんなどの病気になった場合、助けになりたいと思うのはごく自然な感情だ。だが、善意から発せられた「両親より先に死ぬのは親不孝」「弱気になってはダメ」「これで治る」という言動が、相手を傷つけることもある。AERA 2021年4月12日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • がん患者の悩みに寄り添うプロの「伴走者」 医療コーディネーターを知っていますか?

    がん患者の悩みに寄り添うプロの「伴走者」 医療コーディネーターを知っていますか?

    AERA

    8/31

    末期の胃がんと闘う「がん専門医」が描く“理想の医療”

    末期の胃がんと闘う「がん専門医」が描く“理想の医療”

    dot.

    5/4

  • 大阪北部地震の対応でも大反響 「ぬいぐるみ病院」が人々を泣かせ支持される理由

    大阪北部地震の対応でも大反響 「ぬいぐるみ病院」が人々を泣かせ支持される理由

    dot.

    8/4

    「キャリアより家族が大事」医師が向き合った妻のがん 日々の心がけとは?

    「キャリアより家族が大事」医師が向き合った妻のがん 日々の心がけとは?

    AERA

    2/4

  • 善意にイライラ、人工肛門で医師にモノ申した日も...がん患者になった政治部記者が闘った日々

    善意にイライラ、人工肛門で医師にモノ申した日も...がん患者になった政治部記者が闘った日々

    BOOKSTAND

    5/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す