東京五輪IOCの本音は「無観客開催」 スポンサー離反で赤字さらに拡大、ツケは国民に

2020東京五輪

2020/06/25 09:00

 もし東京五輪を開催できたとしても、観客をめぐる問題は避けられない。ソーシャルディスタンスの保ち方や観客減によるチケット収入の減少など不安要素が山積する。「五輪の条件」を特集したAERA 2020年6月29日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 日本人の金メダルラッシュの裏で…無観客開催で“金”足りず国民負担増か

    日本人の金メダルラッシュの裏で…無観客開催で“金”足りず国民負担増か

    AERA

    8/6

    新型コロナ対策で東京都の貯金わずか 五輪の莫大な追加費用は「国民負担」か

    新型コロナ対策で東京都の貯金わずか 五輪の莫大な追加費用は「国民負担」か

    週刊朝日

    7/25

  • IOCとの開催都市契約、平時ならウィンウィンも現実は「不平等契約」

    IOCとの開催都市契約、平時ならウィンウィンも現実は「不平等契約」

    AERA

    6/8

    IOCが東京五輪を中止しないなら、橋本聖子会長はするべきことがある 元招致担当者に聞く

    IOCが東京五輪を中止しないなら、橋本聖子会長はするべきことがある 元招致担当者に聞く

    dot.

    5/13

  • 「IOCは放送権料でぼったくり、無観客でもよかった」 菅政権との思惑のズレ

    「IOCは放送権料でぼったくり、無観客でもよかった」 菅政権との思惑のズレ

    dot.

    7/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す