子どもと一緒に料理は面倒? 役割決めて楽しく麻婆豆腐作り (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

子どもと一緒に料理は面倒? 役割決めて楽しく麻婆豆腐作り

連載「子どもの自立心は料理で育つ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
武田昌美AERA#AERAオンライン限定#子育て
親子でがんばった日の夕食は、これひと皿で十分です(筆者撮影)

親子でがんばった日の夕食は、これひと皿で十分です(筆者撮影)

子ども用のキッチン専用ハサミは、親子料理の必須アイテム(筆者撮影)

子ども用のキッチン専用ハサミは、親子料理の必須アイテム(筆者撮影)

 子どものための料理教室「リトルシェフクッキング」代表の武田昌美さんが、子どもと料理を楽しむコツや、レシピを紹介します。忙しい毎日のなかで、小さな子どもと料理をするのは大変そうですし、安全面も心配です。でも、コツさえつかめば大丈夫。親子のコミュニケーションにもなるし、親の知らない子どもの才能をのばすきっかけになります。なにより、一緒に作った料理は格別ですよ。

【写真】子どもとの料理に必須のアイテムはこちら!

*  *  *
 新型コロナウイルスの感染を避けるために、家のなかで過ごす時間が増えた方は多いかと思います。子どもたちは遊びに行けず、ストレスをためています。一方、子どもが家にいる分、ごはんを作る回数が増えて親も大変……、こんなときこそ親子で料理をしてみませんか?

「子どもが手伝うと手間がかかってかえってストレスになる」と思う方は多いかもしれません。たしかに手間は増えますが、ちょっとした工夫と心がけで、親子クッキングは楽しいものに変わります。

 まず用意していただきたいのは、キッチン専用の子ども用ハサミ。ネギや海苔など、子どもにちょっとしたものを切ってもらうのに役立ちます。

 作業中のコツは、子どもの手元ではなく、目を見るということ。手元を見るとついつい慣れない手つきに心配になったり、イライラしたりするかもしれません。子どもの真剣なまなざしを見て、温かい気持ちで見守ってあげましょう。

 頑張りすぎないこと、無理をしないことも大切です。主菜、副菜、汁物……、とたくさんの品数を用意することはあきらめて、美味しいひと皿を楽しく作ることに専念しましょう。

 子どもは料理を作るワクワク感でいっぱいで、品数なんて気にしません。
自分が作った料理が食卓に並ぶとき、子どもは親からみると大げさなくらい得意気な顔をしているはず。ここぞとばかりに、思い切りほめてあげてください。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい