マラソン大迫傑、短髪ピアスも「今の自分」のありたい姿 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

マラソン大迫傑、短髪ピアスも「今の自分」のありたい姿

このエントリーをはてなブックマークに追加
堀川貴弘AERA

 マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)を9月15日に控えたプロランナー・大迫傑さんがAERAに登場。大会への熱意を語った。

*  *  *
 東京五輪の代表を決めるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が間近に迫った。「出場する31選手にとって今後の人生を左右する大きなレース。みんなが(東京五輪出場という)同じ思いで走るレースはなかなかない。どこまで戦えるかすごく楽しみです」

 いわずと知れた日本記録保持者。当然、マークされる立場にいる。「自分に期待する一方で、不安なことも多い。ベストを出しても負けてしまうかもしれない。でも、そういう自分の自然な反応を自覚して受け入れようとしている。今はいい状態だと思います」

 強気一辺倒が丸くなったと言ったら言い過ぎか。ただ、今年3月の東京マラソンの前後と比べると、醸し出す雰囲気は明らかに違う。聞けば、マラソン4度目にして初めて途中棄権に終わった東京でのレースについてかなりの時間を割いて自問した、という。「あれがMGCじゃなくて良かったなと思うし、いい意味で予行練習ができた」


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい