TOEIC試験会場でできる「あと10点」にナカないための対策

2017/02/05 07:00

 時代とともに言葉が生まれ、意味が移り変わっていくのは日本語も英語も同じ。それなのに、英語は高校や大学で学んだまま。この言い方で、ちゃんと伝わっているんだろうか……。そんな不安を抱えているあなた。単語選びやちょっとしたあいづち、発声で、あなたの英語は見違えるのだ。AERA 2017年2月6日号は、SNS時代に生まれた新しい単語、名スピーチに共通の「心を動かすポイント」と共に、「惜しい」英語からの脱却法を特集している。多くの人が受けている英検やTOEICの試験でも、「惜しい」思いをしている人は多いだろう。何が足りないのか、対策はないのか、専門家に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 専門家に聞いた 2020年度から大学入試の英語はこう変わる

    専門家に聞いた 2020年度から大学入試の英語はこう変わる

    dot.

    7/15

    大学入試に「話す」は必要か? 安河内哲也と南風原朝和が激論

    大学入試に「話す」は必要か? 安河内哲也と南風原朝和が激論

    AERA

    3/4

  • 来年は早稲田、明治も… 受けて得する「TEAP」って何?

    来年は早稲田、明治も… 受けて得する「TEAP」って何?

    週刊朝日

    2/29

    安河内哲也×南風原朝和が熱血対談「英語4技能テストは本当に必要か」

    安河内哲也×南風原朝和が熱血対談「英語4技能テストは本当に必要か」

    AERA

    3/4

  • 早稲田大も上智大の「TEAP」導入 今年はどうなった英語外部試験 

    早稲田大も上智大の「TEAP」導入 今年はどうなった英語外部試験 

    AERA

    3/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す