フィギュアスケート 平昌五輪の金メダル争いは激化の一途 羽生結弦は絶対王者になれるか (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フィギュアスケート 平昌五輪の金メダル争いは激化の一途 羽生結弦は絶対王者になれるか

このエントリーをはてなブックマークに追加
今季の羽生のSPはプリンスの「レッツ・ゴー・クレージー」。GPファイナルでは、SPの今季世界最高得点をたたき出した/2016年12月8日、フランス・マルセイユで (c)朝日新聞社

今季の羽生のSPはプリンスの「レッツ・ゴー・クレージー」。GPファイナルでは、SPの今季世界最高得点をたたき出した/2016年12月8日、フランス・マルセイユで (c)朝日新聞社

表彰台の羽生は、この笑顔。演技中にみせる「オレ様」顔とのギャップがファンの心をわしづかみに/12月10日、同 (c)朝日新聞社

表彰台の羽生は、この笑顔。演技中にみせる「オレ様」顔とのギャップがファンの心をわしづかみに/12月10日、同 (c)朝日新聞社

スケートアメリカで6位、フランス杯では9位に終わり、GPファイナルを逃した浅田。それでも、日本フィギュアの主役はこの人だ/10月23日、アメリカ・シカゴ (c)朝日新聞社

スケートアメリカで6位、フランス杯では9位に終わり、GPファイナルを逃した浅田。それでも、日本フィギュアの主役はこの人だ/10月23日、アメリカ・シカゴ (c)朝日新聞社

 緊張感の高い試合でもミスなく演技できる確率を高めて、抜け出す者は誰か。FSについて、

「本当は来シーズン完成させられればと思っていた」

 という羽生は、ライバルに追い上げられているという危機感からか、

「いまの悔しさ的には、今シーズンの後半には完成させたい」

 と計画の前倒しを宣言した。

「悔しいし、点数を上げて、誰からも追随されないような羽生結弦になりたい」

■浅田真央「不調」でも出場枠3を取れるか

 2015年世界国別対抗戦以来のガッツポーズだった。

 GPファイナルの女子FSで、ほぼミスのない演技をした宮原知子(18)。「強い女性」を演じきり、握りしめた両拳を頭の上に振り上げた。

「SPで思った以上の点数が出たので、このチャンスを絶対逃したくなかった。きっといい点を出してくれるという思いがあった。いけるという気持ちを持つようにしました」

 FSと合計で、浅田真央(26)の日本女子最高記録を超え、実力で銀メダルをつかんだ。

 今季前半、課題であるジャンプの回転不足克服に苦心した。練習では高さが出るのに、試合になると縮んでしまう。悩んだことで試合で硬くなり、ますます跳べなくなる。多くの選手が、そんな悪循環で崩れていく。

 自信を持つために、出水慎一トレーナーとガッツポーズを練習した。出水トレーナーは、

「これが(集中する)スイッチになる」

 と話す。「はい、ガッツポーズ」と言われて手を上げることを繰り返すうち、宮原は演技のいいイメージを持てるようになったという。

 平昌五輪で日本の女子が出場枠「3」を確保することを考えると、宮原の成長は大きい。出場枠の多くは、17年3月末から4月にかけてフィンランド・ヘルシンキで行われる世界選手権で決まる。3人が出場する日本は、上位2人の順位の合計が13以内なら3枠。それを超えると2枠以下になる。

 昨季の世界選手権では、宮原が5位、浅田が7位だった。頼りの浅田はいま、長く競技を続け、高い負荷をかけ続けてきた影響でひざがすり減り、痛みが走ることもある状態。今季のGPシリーズは、初戦のスケートアメリカで6位、2戦目のフランス杯ではミスを連発して過去最悪の9位。滑りにはスピードがなかった。

 世界選手権で表彰台争いができるという「計算」が立つのは、現在のところ宮原のみ。五輪の出場枠取りに向けて、他の選手にかかる重圧を減らすことができるだろうか。(朝日新聞スポーツ部・後藤太輔)

AERA 2017年1月2-9日合併号


トップにもどる AERA記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい