発達障害の作家・市川拓司さんが語る「『違い』は武器になる」

2016/06/13 11:30

 恋愛小説の旗手と呼ばれる市川拓司さん(53)。小説『いま、会いにゆきます』(2003年刊行、通称『いまあい』)をはじめ、映画化された3作の累計が250万部を超すベストセラー作家だ。10年ほど前に自身が発達障害の一つ、知的障害を伴わない「アスペルガー症候群」(「自閉症スペクトラム」と総称)と知った。

あわせて読みたい

  • 大人の発達障害「対人関係が苦手」

    大人の発達障害「対人関係が苦手」

    週刊朝日

    7/8

    発達障害の子が自立と就労の壁を乗り越える

    発達障害の子が自立と就労の壁を乗り越える

    AERA

    6/2

  • 6月号作家 市川拓司 Ichikawa Takuji「障害」を進化的戦略と考える

    6月号作家 市川拓司 Ichikawa Takuji「障害」を進化的戦略と考える

    6/15

    発達障害は親子での受診も大事

    発達障害は親子での受診も大事

    週刊朝日

    7/9

  • 採用面接ではわからない発達障害 高学歴な人も多数

    採用面接ではわからない発達障害 高学歴な人も多数

    AERA

    9/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す