「かわいそうなおばさん」演じ 子なしハラスメント回避 (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「かわいそうなおばさん」演じ 子なしハラスメント回避

このエントリーをはてなブックマークに追加
「子なしハラスメント」を回避するには…

「子なしハラスメント」を回避するには…

 少子高齢化が進む中、次世代を産み育てることを礼賛する空気が日本中に充満している。安倍政権は、成長戦略の一つとして「輝く女性政策」を掲げ、子育てと仕事の両立を後押しし、企業もワーキングマザーの活躍推進や女性の管理職登用に躍起だ。アエラをはじめメディアも、そういう女性たちを積極的に取り上げてきた。

 もちろん、子育てしながら働きやすい環境を整えることは重要だし、それを否定するつもりは全くない。ただ、あまりに強調されると、国や会社や社会に生き方の「正解」を示されているようで、息苦しさを感じる人もいる。

 アエラは、2月16日号の「『子どもいらない』は人に非ずなのか」という記事で、「出産礼賛」社会の中で子どもがほしいと思えない人たちの苦悩について紹介した。直後から編集部には共感の声が寄せられた。ネット掲示板などには、「子ども嫌いな女性は欠陥があると本気で思っている人が大多数」「産んでみたら自分の子どもはかわいいと思えるもの」など、意見が多く書き込まれた。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい