「35歳限界説」は崩壊? 転職の新たな流れとは

就活

2014/02/11 16:00

 転職市場で長く言われてきた「35歳限界説」。35歳を過ぎれば、転職の選択肢は一気に狭まるという「定説」が崩れつつある。人材サービス大手インテリジェンスの調査では、転職成功者に占める35歳以上の割合がこの5年で一気に2倍以上になった。一方で29歳以下は低迷。転職者の平均年齢は男性で31.9歳まで上昇してきている。

あわせて読みたい

  • 40代からの転職 地方企業が「適所」にも

    40代からの転職 地方企業が「適所」にも

    AERA

    2/13

    35歳限界説は今は昔の話 転職1200人大調査

    35歳限界説は今は昔の話 転職1200人大調査

    AERA

    5/18

  • 企業は「第二新卒求めてない」? 一方でニーズ高いのは

    企業は「第二新卒求めてない」? 一方でニーズ高いのは

    AERA

    2/12

    「35歳限界説」はもはや過去 転職で「就職氷河期世代」が積極採用のワケ

    「35歳限界説」はもはや過去 転職で「就職氷河期世代」が積極採用のワケ

    AERA

    9/26

  • 35歳限界説はもう古い? 50代の「ミドル転職」が活況に

    35歳限界説はもう古い? 50代の「ミドル転職」が活況に

    週刊朝日

    3/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す