「家から死人を出したくない」家族も 森鴎外の孫・小堀医師が語る“在宅死”の課題

ヘルス

2022/01/05 16:00

 70歳まで外科医としてメスを振るっていた小堀鴎一郎医師は2005年に外科医から、活動の場を在宅医療に移した。以来16年、400人近い患者の最期の日々に寄り添った。その実例から、在宅死の現場の実情や課題を考えてみる。

あわせて読みたい

  • コロナ禍で在宅死の希望が増加 在宅医療は意外と安い?

    コロナ禍で在宅死の希望が増加 在宅医療は意外と安い?

    週刊朝日

    8/6

    「在宅看取り件数」が明らかに! 全国2685診療所&病院の実績を週刊朝日ムックで掲載

    「在宅看取り件数」が明らかに! 全国2685診療所&病院の実績を週刊朝日ムックで掲載

    9/24

  • 「医者ではなく家族が看取る」“在宅死”テーマの映画とは…?

    「医者ではなく家族が看取る」“在宅死”テーマの映画とは…?

    週刊朝日

    10/14

    2025年ベッド数激減! 約30万人に在宅医療が必要に

    2025年ベッド数激減! 約30万人に在宅医療が必要に

    週刊朝日

    7/9

  • 今考える「理想の最期」 小堀鴎一郎×養老孟司「コロナ時代の死に方」

    今考える「理想の最期」 小堀鴎一郎×養老孟司「コロナ時代の死に方」

    週刊朝日

    8/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す