大学入試“実志願者”数ランキング 早慶を抑えてトップは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大学入試“実志願者”数ランキング 早慶を抑えてトップは?

松岡瑛理週刊朝日#大学入試
左から時計回りに、明治大、早稲田大(c)朝日新聞社、日本大、法政大(撮影/松岡瑛理)

左から時計回りに、明治大、早稲田大(c)朝日新聞社、日本大、法政大(撮影/松岡瑛理)

実志願者数は編集部調べ。のべ志願者数上位50大学を調べた。大学入学共通テストを含む一般選抜(2部・夜間コースなどを含む)において、同じ志願者がいくつ併願しても1人として集計した。募集人数とのべ志願者数は大学通信調べで、主要な私大約100校を調査した(東洋大学は大学提供)。実志願倍率は実志願者数÷募集人数。併願率はのべ志願者数÷実志願者数 ※追手門学院大学は「来年度以降の公表を視野に入れて検討したい」として、今年は非公表を希望した。 (週刊朝日2021年5月7―14日号より)

実志願者数は編集部調べ。のべ志願者数上位50大学を調べた。大学入学共通テストを含む一般選抜(2部・夜間コースなどを含む)において、同じ志願者がいくつ併願しても1人として集計した。募集人数とのべ志願者数は大学通信調べで、主要な私大約100校を調査した(東洋大学は大学提供)。実志願倍率は実志願者数÷募集人数。併願率はのべ志願者数÷実志願者数 ※追手門学院大学は「来年度以降の公表を視野に入れて検討したい」として、今年は非公表を希望した。 (週刊朝日2021年5月7―14日号より)

 本誌が独自に調査する実志願者数ランキングも、今年で4回目を迎えた。併願をカウントしない実志願者数を見れば、大学の「本当の人気度」が見えてくる。コロナ禍で大学を取り巻く環境が厳しさを増すなか、いま本当に勢いのある大学はどこか。

【一覧で見る】実志願者数ランキングはこちら

*  *  *
 のべ志願者数は、例えば1人の受験生が同じ大学の学部・学科を三つ併願した場合、3人と数える。多くの大学が近年、併願制度を充実させた結果、のべ志願者数が急増し、大学の人気が測りにくいとの声が出ていた。

 そこで本誌が2018年から始めたのが、のべ志願者数の上位50大学を対象にした実志願者数の調査だ。いまでは大半が公表するようになり、今回も追手門学院大を除く49大学が回答した。

 今年の最大の特徴は、多くの大学が志願者数を減らしたことだ。有名私大でも前年比8割前後が目立った。ベネッセ教育情報センター長の谷本祐一郎氏は、その背景をこう指摘する。

「受験人口の指標となる『18歳人口』が、20年度は117万人だったのに対し、今年度は114万人に落ち込みました。また、昨年度は、大学入学共通テストの翌年からの導入を前にして、浪人を避ける動きが目立ったことも、今年度の志願者減に大きく影響しました」

 さらにコロナ禍が追い打ちをかけた。「日々高校の現場を回って感じるのが『地元志向』の強まりです。例えば、東京の大学に入っても、オンライン授業になる可能性は高い。ならば、はじめから地元でいいという考えが受験生にも保護者にも広がりました」(谷本氏)

 こうした状況で、今年は明治大が1位になった。広報担当副学長の上野正雄氏は「学生の目線に立ち、教育や学生支援の向上に地道に取り組んだ。それをしっかり伝えてきたことが受験生や保護者に評価された」と語る。

 前年比で見た増加率では、理系大学の健闘が目立つ。最も高いのは千葉工業大の107%だった。

「増えた要因は、間違いなく共通テスト利用入試の検定料免除です」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい