田原総一朗「“銀座議員”に憤り収まらず 国会議員の資格はない」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗「“銀座議員”に憤り収まらず 国会議員の資格はない」

連載「ギロン堂」

田原総一朗週刊朝日
田原総一朗氏(c)朝日新聞社

田原総一朗氏(c)朝日新聞社

イラスト/ウノ・カマキリ

イラスト/ウノ・カマキリ

 安倍首相は「いません」と答えた。

「一人もいないのですか」と私は言葉を強めて確かめた。

「そうですね。一人もいません」

 安倍首相は、少し間をおいて答えた。答えにくそうな言い方であった。

「国会議員は政治、政府はこうあるべきで、こういうことが起きてはならないと真剣に考えているべきだが、一人もただしてこないということは、自民党の国会議員は安倍首相に対するゴマスリばかりに懸命になっていて、この国のこと、国民のことを主体的に考えていない。つまり、どの国会議員も無責任だということになりませんか。こんな国会議員ばかりだとこの国が危ない、と心配になりませんか」

 私は安倍首相が怒って、会談を打ち切るのではないかと恐れたが、安倍首相は苦笑しながら、

「田原さんに言われれば、そのとおりだ」

 と率直に答えた。

 もっとも、その後に「桜を見る会」問題、河井克行(元法相)、案里夫妻の事件が起きているが……。

 いずれにしても、今回の緊急事態宣言下での自民党議員3人、公明党議員のとんでもない行動は、国会議員であるという認識がまったく欠如していて、自らが資格なしと露呈させているのである。

週刊朝日  2021年2月19日号

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年生まれ。ジャーナリスト。東京12チャンネルを経て77年にフリーに。司会を務める「朝まで生テレビ!」は放送30年を超えた。『トランプ大統領で「戦後」は終わる』(角川新書)など著書多数 (c)朝日新聞社.


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい