22位の松山英樹に「もう少しアバウトさが必要かな」 丸山茂樹が助言 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

22位の松山英樹に「もう少しアバウトさが必要かな」 丸山茂樹が助言

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹

丸山茂樹

優勝トロフィーのフタが落ちたハプニングはご愛敬(Getty Images)

優勝トロフィーのフタが落ちたハプニングはご愛敬(Getty Images)

 だから、どこかに比重をかけすぎない方がいいと思うんです。全体的な目安として70%ぐらいでできたら、もっと安定すると思うし、それが80%までいったら優勝争いができる。最近の英樹を見てると、ティーショットでしっかり振りすぎてるというか。

 何となくきっちりとここに置いといて、ここで攻めて、という方がいい。ドライバーが飛んで曲がらなくて、アイアンショットがまっすぐいって、パットが完璧に入って、というのは無理なんで、もう少しアバウトさが必要かなと思います。

 いまの英樹には「もうちょっと気楽にいかない?」って言いたくなります。

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

週刊朝日  2020年8月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。セガサミーホールディングス所属。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい