“同学年”藤田寛之に賛辞 丸山茂樹「努力惜しまなかったからこそ」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“同学年”藤田寛之に賛辞 丸山茂樹「努力惜しまなかったからこそ」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
ラーメン界に「貝だし」ブーム到来 東京「琥珀」大躍進に見る業界の期待と憂い

ラーメン界に「貝だし」ブーム到来 東京「琥珀」大躍進に見る業界の期待と憂い

信夫杯で優勝した東北福祉大のみなさんです (c)朝日新聞社

信夫杯で優勝した東北福祉大のみなさんです (c)朝日新聞社

 話は大学生のゴルフに移ります。団体戦の全国大会である「信夫(しのぶ)杯」で11月1日、僕の母校である日大は惜しくも男女同時優勝を逃しました。まず女子が優勝を決めたんですけど、男子が東北福祉大とギリギリの勝負になって。5人が出て、上位4人の合計スコアで競うんですが、それが並んでしまってね。5人目のスコアを加えて、東北福祉大が2年連続15度目の優勝となりました。

 男子は73年から日大が25連覇して、そのあと東北福祉大の9連覇があってね。でもいまは大阪学院大も強いし、いい選手がいろんな大学にバラけてきてるんでしょうね。

 信夫杯といえば、僕らのころはもう日大の全盛期でしたからね。4年間絶対に信夫杯の優勝旗はほかの大学には触らせないという強い思いがありましたね。

 とくに信夫杯は時期的にも一年の締めみたいな形で、非常に気合が入りました。僕ら日大にとっては、圧倒的な強さを見せるための場所でした。2年生のときは2位の近畿大学に21打差をつけて勝ってますね。いま思えば、竹田昭夫(てるお)監督への恩返しっていう気持ちだけでやってたなあ。

週刊朝日  2019年11月22日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい