「面倒くせえです」一之輔が“衣替え”ルールの更新を提唱 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「面倒くせえです」一之輔が“衣替え”ルールの更新を提唱

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔 師いわく』(小学館)絶賛発売中です。人生相談の本です!

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔 師いわく』(小学館)絶賛発売中です。人生相談の本です!

イラスト/もりいくすお

イラスト/もりいくすお

 もっともこのルールをちゃんと守ってる落語家は少数派です。多くの落語家は自分が「暑いな、寒いな」と感じたら『衣替え』。多少のズレは気にしません。某師匠は正月から夏物の絽の着物を着てました。極端だな。「師匠、絽は早すぎませんか?」と聞いたら「客はわからねえよ、素人だから」とのこと。いや、わかる人はわかるでしょ……。

 何年か前にちゃんと5月末に袷着てたら、ある先輩が「この暑いのにまだ袷? 偉いねえ~(笑)」。「気どりやがって、融通の利かねえ奴だな」という揶揄(やゆ)のこもった褒め言葉を掛けられました。偉い人が「俺も袷だよ!」と言うと、あわてて「いや! さすがですねぇ~(汗)」と手のひら返してましたけど。 偉い人いわく「これからお座敷だから。やっぱりちゃんとしてかないとな」。そうなんです。お座敷で一席の仕事はお客とも距離が近く、また芸者さんやその店の女将や仲居さんが曲者なのです。「あら、素敵なお着物!……もう夏物~? 暑いですもんねぇ~。あ、化繊? 洗えて便利ですよね~(笑)」。完全に皮肉です。ちくしょう。最近そんな仕事行ってないけどね。

 それにしても、あぁめんどくさ『衣替え』。

週刊朝日  2019年6月7日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が出ました!

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい