葬式はなくなる? 通夜なし、式なしの「直葬」選ぶ時代に (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

葬式はなくなる? 通夜なし、式なしの「直葬」選ぶ時代に

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡かすみ週刊朝日
(写真=ユニクエスト提供)

(写真=ユニクエスト提供)

葬儀にかかる費用の平均額/「直葬」の流れ (週刊朝日 2019年2月15日号より)

葬儀にかかる費用の平均額/「直葬」の流れ (週刊朝日 2019年2月15日号より)

葬儀スタイル (週刊朝日 2019年2月15日号より)

葬儀スタイル (週刊朝日 2019年2月15日号より)

 では、直葬を選びたい場合、具体的にどうすればいいのか。火葬許可証の申請など役所で行う死後の手続きは遺族がやることも可能だが、遺体の搬送などは荷が重い。儀式を省いたとしても葬儀会社などプロに頼むのが一般的だ。

「棺など必要なものも個別に手配すると手間がかかり、費用も高くつくことが多いので、葬儀社に頼んだほうが安心。悲しみの中、作業に追われるより、故人と向き合う時間を大切にしたほうがいい」(高橋さん)

 直葬を希望する場合、最低限必要な次のような物品やサービスがセットになった一番シンプルなプランを選べばよい。遺体の安置場所を確保し、病院や施設など亡くなった場所から、故人の遺体を寝台車にのせ、自宅や一時的な安置場所に搬送する。遺体を棺に納め、安置する。法律で定められた時間の死後24時間以上経過してから、火葬場の予約時間に合わせ、霊柩車で火葬場へ出棺する。もちろん、物も用意してくれる。遺体を入れる棺、棺用布団、故人に着せる仏衣一式、遺体保冷のためのドライアイス、枕飾り一式、骨壺、そして遺体をのせて移動する寝台車や霊柩車だ。(本誌・松岡かすみ)

週刊朝日  2019年2月15日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい