急行乗り換えは甘いワナ? 東急目黒線の「武蔵小山トラップ」 (2/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

急行乗り換えは甘いワナ? 東急目黒線の「武蔵小山トラップ」

連載「大センセイの大魂嘆!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田清機週刊朝日#山田清機#鉄道
首都圏では電車の相互乗り入れが盛んに行われていてる(※写真はイメージ)

首都圏では電車の相互乗り入れが盛んに行われていてる(※写真はイメージ)

 南北線はさらに埼玉高速鉄道というのに接続していて、終点は浦和美園駅。一方の三田線の終点は西高島平駅。乗り間違いに気づかずに居眠りをこいたりしてしまうと、目的地から遠く離れた駅でハッと目を覚ますという、アメイジングな体験をするハメになる。

 そこで、目黒線の各駅では「お乗り間違えのないようご注意ください」という放送が流されているのだが、実は、目黒線にはさらなる難関が待ち構えている。いわゆる「武蔵小山トラップ」である(命名、大センセイ)。

 たとえば、浦和美園駅まで行きたい人が、武蔵小杉駅から(1)本当は南北線である目黒線の各駅停車に乗ると、武蔵小山駅で急行の待ち合わせをする場合がある。

 すると、

「急行の待ち合わせをいたします。急行をご利用のお客様は……」

 という車内放送が流れるのだが、これを聞いて、

「おお、急行が来るのか、ちょうどよかった」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい