嵐が語った「青春」全文公開 松潤「ジャニーズ入るまで野球やってました」

2018/04/27 12:00

ABC放送の夏の高校野球応援ソングを歌うことが決まった嵐。右から櫻井翔、二宮和也、相葉雅紀、大野智、松本潤(撮影/楠本涼)
ABC放送の夏の高校野球応援ソングを歌うことが決まった嵐。右から櫻井翔、二宮和也、相葉雅紀、大野智、松本潤(撮影/楠本涼)
「熱闘!高校野球100回スペシャルナビゲーター」を務める相葉雅紀(撮影/楠本涼)
「熱闘!高校野球100回スペシャルナビゲーター」を務める相葉雅紀(撮影/楠本涼)
甲子園球場のバックスクリーンを背に、ポーズを決める嵐のメンバー。左から松本潤、大野智、相葉雅紀、二宮和也、櫻井翔(撮影/楠本涼)
甲子園球場のバックスクリーンを背に、ポーズを決める嵐のメンバー。左から松本潤、大野智、相葉雅紀、二宮和也、櫻井翔(撮影/楠本涼)

 今夏の第100回全国高校野球選手権記念大会を彩る「2018ABC夏の高校野球応援ソング」と「熱闘甲子園」テーマソングを、人気アイドルグループ嵐が歌うことに決まった。曲名は「夏疾風(なつはやて)」。作詞・作曲はゆずの北川悠仁が担当する。球児たちのひたむきなプレーがドラマや感動をもたらす高校野球にふさわしい、爽やかで力強い楽曲となった。

【写真】甲子園球場のバックスクリーンを背に、ポーズを決める嵐のメンバー

 メンバーの相葉雅紀は「熱闘!高校野球100回スペシャルナビゲーター」としても活動中で、5人は甲子園球場で会見し、曲への思いや甲子園の魅力を熱く語った。

 4月26日、ウグイス嬢のアナウンスで、嵐の5人が颯爽と内野グラウンドに現れると、バックスクリーンには試合さながらに5人の名前が並んだ。

アナウンス:

1番 サード 相葉くん、 サード 相葉くん

2番 セカンド 大野くん、 セカンド 大野くん

3番 ファースト 二宮くん、 ファースト 二宮くん

4番 ピッチャー 櫻井くん、 ピッチャー 櫻井くん

5番 キャッチャー 松本くん、 キャッチャー 松本くん

司会:プレーボールを告げるサイレンが球場に鳴り響き渡りました。

相葉雅紀(以下、相葉):すごい、信じらんないですね。だって、後ろにも、ぼくらの名前を…!

櫻井翔(以下、櫻井):だね。

相葉:うわ~!

櫻井:相葉大興奮。

司会:かなり珍しい光景となっております。相葉さん実際いかがですか、この聖地に立って?

相葉:いやいや、マジで大興奮ですね。帰りあの砂、持って帰りますよ。

ほかのメンバー:やめてください(笑)。

司会:さて、先ほどウグイス嬢のアナウンスで、皆さんに登場していただきましたけれども、こちらの野球のポジションは、スペシャルナビゲーターの相葉さんが決めたということで……。

相葉:あっ、はい。ぼくがちょっと決めさせていただきました。

司会:理由なんかを教えていただけると。

相葉:ぼくも野球をやってたんですけど、そのときにサードをやったんで、ぼくはサードで。大野さんは2番セカンド、っていう「職人」な感じがして。

大野智(以下、大野):職人な?

相葉:だいたいバントとかうまかったり……。(大野に向かって)野球知ってます?……バントって知ってます?

大野:バントは知ってますよ(笑)。え、あれ、こういうやつ?(手でバウンドする球を示す)

一同:(笑)。

大野:あ、これか!(バントのかまえをしながら)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

あわせて読みたい

  • 嵐の5人に本心を聞いた! 21年の活動で得た宝物は? 20年後はどうありたい?

    嵐の5人に本心を聞いた! 21年の活動で得た宝物は? 20年後はどうありたい?

    週刊朝日

    11/3

    相葉雅紀の“地元”発言に笑いも…嵐、思い出の地「ハワイ」に里帰り?

    相葉雅紀の“地元”発言に笑いも…嵐、思い出の地「ハワイ」に里帰り?

    週刊朝日

    12/31

  • 嵐、10年目の日立家電シリーズCMはメンバー全員フリートーク

    嵐、10年目の日立家電シリーズCMはメンバー全員フリートーク

    Billboard JAPAN

    10/4

    【独占】嵐5人が語る 配信ライブ、リモート紙芝居…コロナ禍の思い

    【独占】嵐5人が語る 配信ライブ、リモート紙芝居…コロナ禍の思い

    週刊朝日

    12/7

  • 嵐会見・質疑応答【前編】SNSデビューするメンバーも「5人で1つのアカウント」「パーソナルなことがわかるものを」

    嵐会見・質疑応答【前編】SNSデビューするメンバーも「5人で1つのアカウント」「パーソナルなことがわかるものを」

    AERA

    11/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す