“羽生結弦とタイガー・ウッズの共通点”を丸山茂樹が指摘 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“羽生結弦とタイガー・ウッズの共通点”を丸山茂樹が指摘

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

お姉ちゃん、ほんとすごかった(c)朝日新聞社

お姉ちゃん、ほんとすごかった(c)朝日新聞社

 平昌(ピョンチャン)オリンピックで13個のメダルをゲットして、日本では余韻が冷めやらない感じなんでしょうね。

【写真】金メダルを二つ獲得!笑顔がはじけた高木菜那選手

 4年に一回のワンチャンスしかない中で力を発揮した選手は、ほんとにすごいと思います。中でも金メダル獲得の期待に完全に応えたフィギュアスケートの羽生結弦君(23)とスピードスケートの小平奈緒さん(31)ですよね。感心しました。それと高木姉妹のお姉ちゃん、菜那さん(25)がめちゃめちゃ印象に残ったなあ。妹さんの方が注目されてたのに、金メダルを二つもとっちゃって。

 羽生君の滑りを見てて感じるのは、自分自身をいわゆる「ゾーン」へ持っていけるってことですね。気がついたらゾーンに入ってた、というんじゃなくて。集中力を高めてゾーンに入り込んで、練習以上の力を発揮してしまう。ゴルフでいうなら、タイガー・ウッズ(42)の一番よかったときのパフォーマンスがそんな感じでした。

 僕も何回かはゾーンのようなものを経験したことがあります。思い出すのが2002年に米PGAツアーで2勝目を挙げた「バイロン・ネルソン・クラシック」ですね。「入ったな」という感じがありました。周りの余計なものが目に入らなくなって、どんなトラブルがあっても冷静に「これだ」と決めていける。ほかには、初めて日本のメジャーで勝った1997年の日本プロ選手権がそんな感じでした。でも羽生君と違って、自分自身でそこへ持っていったんじゃないですからね。彼はすごいです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   丸山茂樹 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加