仰向けに寝てはダメ? 貝原益軒が説く「寝るときの姿勢」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

仰向けに寝てはダメ? 貝原益軒が説く「寝るときの姿勢」

連載「貝原益軒 養生訓」

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

仰向けに寝てはダメ?(※写真はイメージ)

仰向けに寝てはダメ?(※写真はイメージ)

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。

*  *  *
【貝原益軒 養生訓】(巻第五の6)
夜ふすには必側(かならずかたわら)にそばたち、
わきを下にしてふすべし。
仰(あお)のきふすべからず。
仰(あお)のきふせば気ふさがりて、
おそはるる事あり。

 益軒先生は寝るときの姿勢についても、いろいろと説いています。寝つきのいい私は、寝るときの姿勢について、あまり関心を持ったことがないのですが、益軒先生の注文は、事細かです。まず、こう始まります。

「夜寝るときには必ず側臥位(そくがい)になり、わきを下にしないといけない。仰向けになって寝てはいけない。仰向けで寝ると、気がふさがって、うなされることがある。胸の上に手を置くのもいけない。寝入って、気がふさがり、うなされやすい。この二つは避けなければいけない」(巻第五の6)

 寝る向きは人によって様々だと思うのですが、少なくとも益軒は側臥位がお好みだったようです。さらにこう続きます。

「夜、床に入って、まだ眠りにつかないうちは、両足を伸ばしているのがよい。寝入ろうとする前に両足をかがめて側臥位になるのがよい。これを獅子眠(ししみん)という(ライオンはこうして寝入るんでしょうか)。

 胸や腹に気が滞っているようだったら、両足を伸ばして、胸や腹を手でなでおろすとよい。気が上る人は、足の親指をしきりに動かすとよい。人によっては、このようにすると、あくびを繰り返すようになって、滞った邪気を吐き出すのに役立つ。ただ、大あくびはしないほうがいい。

 また、寝入ろうとするとき、口を下に向けていてはいけない。睡眠中によだれが出てよくない。(略)両手の親指を内にして握って寝ると、手で胸を圧迫してうなされることがなくなるのでよい。習慣になって、眠っても手を開かなくなる。この方法は『諸病源候論(しょびょうげんこうろん)』(隋の時代の医者、巣元方の著書)に書かれている」(巻第五の7)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい