「結婚に否定的だった」角田光代が河野丈洋と再婚した理由 (3/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「結婚に否定的だった」角田光代が河野丈洋と再婚した理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
仲宇佐ゆり週刊朝日#夫婦
角田光代(かくた・みつよ)(左)/1967年、神奈川県生まれ。90年、「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞し、デビュー。2005年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、12年『かなたの子』で泉鏡花文学賞、14 年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞。他に『キッドナップ・ツアー』『坂の途中の家』『拳の先』『月夜の散歩』、ネコのトトと暮らす日々をつづった『今日も一日きみを見てた』など。河野丈洋(こうの・たけひろ)/1978年、埼玉県生まれ。2001年にロックバンド「GOING UNDER GROUND」のドラマーとしてデビュー。06年に初の日本武道館公演を行う。09年からソロ活動を開始。松たか子、藤井フミヤらに楽曲を提供。15年にバンドを脱退。アーティストヘの楽曲提供、ドラマ、映画、演劇などの音楽の作曲、演奏を行う。近作はNHKのドラマ 「大江戸ロボコン」など。ギター、ピアノも演奏するマルチプレーヤー。(撮影/写真部・小原雄輝)

角田光代(かくた・みつよ)(左)/1967年、神奈川県生まれ。90年、「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞し、デビュー。2005年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、12年『かなたの子』で泉鏡花文学賞、14 年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞。他に『キッドナップ・ツアー』『坂の途中の家』『拳の先』『月夜の散歩』、ネコのトトと暮らす日々をつづった『今日も一日きみを見てた』など。
河野丈洋(こうの・たけひろ)/1978年、埼玉県生まれ。2001年にロックバンド「GOING UNDER GROUND」のドラマーとしてデビュー。06年に初の日本武道館公演を行う。09年からソロ活動を開始。松たか子、藤井フミヤらに楽曲を提供。15年にバンドを脱退。アーティストヘの楽曲提供、ドラマ、映画、演劇などの音楽の作曲、演奏を行う。近作はNHKのドラマ 「大江戸ロボコン」など。ギター、ピアノも演奏するマルチプレーヤー。(撮影/写真部・小原雄輝)

■助けてほしい今の状態から救い出して

妻:これは本人にもそのとき言いましたが、付き合いませんか、みたいな話になったとき、私は離婚を巡るあれこれですごくダメージを受けていたので、今の状態から救い出してくれるのであれば、半年後に私を見捨てていなくなってもいい、とにかく今いっしょにいてくれれば救われる、という気持ちでした。

夫:そこから結婚まで半年ぐらいですね。

妻:私は以前は結婚に対して否定的だったんですが、だんだんその否定する気持ちはなくなっていきました。

夫:結婚しませんかと言ったのは、勘ですね。僕は物事を理詰めで考えるタイプじゃないんですよ。その勘は当たったと思っています。二人で話していて、僕は一回も退屈したことがないんです。お互い余計なことは言わないし、とくに面白い話題がなくても、話しているうちに面白くなっていく。

妻:楽しいですよ。私の場合は人生の優先順位があって、外で飲むのが好きなことと、自分の仕事をすごく大事にしていること。そこがすごく合っているんだと思います。

――二人で週に1、2回は外に飲みに行く。二人で訪れた店をそれぞれがエッセーにつづった共著、『もう一杯だけ飲んで帰ろう。』が先月発売された。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい