「練習不足」とコーチ叱責 女子フィギュア本田五輪黄信号 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「練習不足」とコーチ叱責 女子フィギュア本田五輪黄信号

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚淳史週刊朝日#フィギュアスケート
五輪の舞台に立てば、テレビ各局はうれしいだろうが……(c)朝日新聞社

五輪の舞台に立てば、テレビ各局はうれしいだろうが……(c)朝日新聞社

 女子フィギュアスケートで“ポスト浅田真央”として注目を浴びる本田真凜(16)が、年明けに迫った平昌(ピョンチャン)五輪の出場を占う重要な国際大会で5位に沈み、五輪代表の座を巡り、黄信号がともった。

【写真】真っ赤な衣装が印象的な本田真凜はこちら

 本田といえば、2016年世界ジュニアフィギュアスケート選手権で優勝し、シニアデビューとなった今年9月のUSインターナショナルクラシックでも優勝し、一躍脚光を浴びた。可愛らしい容姿で、雑誌の表紙を飾ることもあり、順風満帆なスタートを切ったかに見えた。

 しかし、10月27日(日本時間28日)開幕のグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダで、落とし穴が待っていた。ショートプログラム(SP)ではジャンプなどミスが続いて10位と出遅れ、フリーで挽回(ばんかい)したが、総合5位に終わった。本田は、

「もう悪い演技を使っちゃったから、あとはいい演技が残っている。大丈夫と思います」

 と今後に向けて自信を見せた。対照的に、本田を指導する浜田美栄コーチの手厳しいコメントは波紋を呼んだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい