北原みのり「ドイツのとある売春宿で」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「ドイツのとある売春宿で」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
作家・北原みのり氏はドイツで売春宿を経営している女性と話す機会があったそうですが…(※写真はイメージ)

作家・北原みのり氏はドイツで売春宿を経営している女性と話す機会があったそうですが…(※写真はイメージ)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。北原氏は、性産業で働く人の「お客の国際比較」が興味深かったと話す。

*  *  *
 ドイツのとある街で売春宿を経営している女性と話す機会があった。

 ドイツは売春を2002年に「合法」にした。公序良俗の観点から悪とされていた売春を正当な労働として認め、強制売春のみを処罰するようになったのだ。私が出会った女性は合法化以降にこの仕事に就き、30代の今はオーナーとして売春宿を経営する側に回った。ところが今年の夏、今度は業者や働き手が行政に登録しなければならない法律が施行されることになった。これによって、働く女性が医療サービスを無料で受けられる一方、行政に登録することのリスクから、仕事を続けられなくなる女性も多いと言われている。実際彼女のお店でも、絶対に周囲に知られたくない女性は辞めていったという。

 ネットで性売買について日本語で検索すると、売春合法化が世界の流れ! 日本もそうすべき!みたいなことを書いている人が多いのだけど、実際にドイツで現場の人に話を聞くと、「ヨーロッパは、性売買を規制する方向に向かっている。仕事はますますやりにくくなる」と語る人は少なくない。実際、フランスも去年、買春者を厳しく処罰する法律を施行している。

 そういう流れのなかで、では日本はどのように性売買を社会として考えていくべきなのだろう。現場はどのように考えているんだろう。そんなことを知りたくて、性産業で働く様々な人に今、話を聞いているのだけど、今回、その彼女が語ってくれた「お客の国際比較」の話が興味深かったので紹介したい。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい