日ハムを突き放せるか 正念場を迎えた工藤監督の采配 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日ハムを突き放せるか 正念場を迎えた工藤監督の采配

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#東尾修
工藤公康監督の真価が問われている(※イメージ)

工藤公康監督の真価が問われている(※イメージ)

 西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、日本ハムの怒涛の猛追に、今こそソフトバンク工藤公康監督の真価が問われているという。

*  *  *
 3年連続日本一を目指すソフトバンクが最近10試合で2勝8敗と失速し、2位の日本ハムが一気にゲーム差を縮めてきた。本欄を書いている8月16日時点でゲーム差は1。もう先行きがわからなくなった。

 先月末に工藤公康監督にインタビューする機会があり、そのときに冗談で「少しは公康の苦労した顔を見てみたいよ」と話したが、まさかこんな展開になるとは思わなかった。6月に最大11・5ゲームあった差が2カ月でなくなった。「1カ月で5ゲーム」縮めることが難しいといわれる今のプロ野球で、2カ月連続で詰められてきているのだから、工藤監督の重圧は相当なものだ。

 今月6日の直接対決で、大谷翔平が2本塁打を放ったことで一気に日本ハムの流れが来た。前日の試合でソフトバンクが先勝し、日本ハムにとっては連勝しかない中での2戦目だった。

 初回、ソフトバンクバッテリーは5球連続で内角高めに投じて空振り三振に斬ったが、2打席目で大谷が真ん中高めの速球に迷わず踏み込んできた。そして七回にも左翼席へ。以前、当欄で「大谷を封じるには内角高めをどれだけ突けるか」と書いたが、今の大谷はその上をいっていた。内角への意識づけをしても、モノともしない心の強さと技術がある。あきれるほどの打撃の成長ぶりだ。

 大谷は右手中指のマメの影響で二刀流の起用ができない状況だが、それも功を奏している。今、打線から大谷を欠くことはできないだろう。中田も少しずつ復調していて、打線には打ちだしたら止まらない爆発力がある。栗山英樹監督の采配も当たっており、相当な勢いがある。

 それをソフトバンクがどう突き放していくか。就任2年目の工藤監督の腕の見せどころでもある。試合前の練習中には普段通り、選手や評論家と笑顔で接している。でも、内心は穏やかではないはずだよ。打線には今、終盤の勝負強さがない。柳田を1番に入れたり、吉村を4番起用したりと、打順に工夫はしているが、腰痛で戦線離脱中の内川が戻ったときにどうするか。工藤監督なら、3番・柳田、4番・内川、6番・松田という開幕のオーダーに戻し、原点回帰で最後の1カ月を戦うのではないかな。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい