ON対決も実現! 野球の五輪復活に賭ける名球会会員 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ON対決も実現! 野球の五輪復活に賭ける名球会会員

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#東尾修
対抗試合の前にあった、ONの始球式対決は素晴らしかった(※イメージ)

対抗試合の前にあった、ONの始球式対決は素晴らしかった(※イメージ)

 名球会ベースボールフェスティバル2016に出場した西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、イベントの舞台裏を明かした。

*  *  *
 絶対に成功させたいと思っていたイベント「名球会ベースボールフェスティバル2016」(1月11日、ヤフオクドーム)に、1万7980人ものお客さんが集まってくれた。参加した名球会の会員47人は、若手から大御所まで誰もが一生懸命だった。野球界を盛り上げたいという気持ちが、少しでも伝わってくれたらうれしい。

 野球教室では、王貞治さん、張本勲さんのほか、清原和博、野茂英雄、古田敦也らが指導にあたった。これだけの顔ぶれがそろう野球教室なんて、名球会でなければあり得ない。

 参加した300人の少年たちの中には、私たちがプロ野球で実績を残した選手だということを知らない子もいるかもしれない。でも、ご両親に話をしたら、きっと喜んでいただけると思う。将来、この中からプロ野球選手が誕生し、「あの名球会イベントで教えてもらいました」と言ってもらうのが楽しみ。実際、すごく野球センスのいい子もいた。

 対抗試合の前にあった、ONの始球式対決は素晴らしかった。長嶋茂雄さんは以前よりも下半身を使ってスイングが鋭くなっていた。清原も「右腕をつかんでいただいたときの長嶋さんの左手の握力がすごかった」と話していたが、相当なリハビリを続けているんだろうなと思った。

 ONが「野球界を支えていこう」という姿勢を身をもって示してくれ、それに続く対抗試合でも、私以下の世代が真剣になった。清原も、野茂や佐々木主浩といった同世代に交じって楽しくやっていたよね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい