「予備校の授業を取りすぎると必ず失敗」東大理IIIに息子3人合格させた母 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「予備校の授業を取りすぎると必ず失敗」東大理IIIに息子3人合格させた母

このエントリーをはてなブックマークに追加
受験は母親が9割 灘→東大理IIIに3兄弟が合格!Amazonで購入する

受験は母親が9割 灘→東大理IIIに3兄弟が合格!
Amazonで購入する

 受験生といえども、遊びの誘惑も多い。佐藤さんは、自宅ではスマートフォンを触らないなど、生活習慣のルールを作ることも大事だと言う。実は次男は、夏休みの過ごし方に「やや失敗」。予備校に通っていたのだが、勉強の合間に友達と頻繁に連絡を取り合い、おいしいものを食べ歩いていた。秋の模試で東大理IIIにC判定が出て、その後巻き返しに苦労した。

「1日24時間。時間はみんなに平等に与えられています。有効に活用すれば、飛躍の夏にできます。ダメでも秋以降に追い込めば間に合うこともありますが、それは本当に大変」

 一方、中学受験では塾をフル活用した。佐藤家では、3兄弟だけでなく、いま高校生の長女も中学受験で第1志望に合格した。

「小学生の子どもにあれもこれもとやらせては混乱するだけ。プロに任せて親はお手伝いするスタンスが大切です。成績が伸びないことを塾のせいにする親もいますが、それでは子どもがやる気をなくしてしまう。親も“素直さ”が大事です」

週刊朝日 2015年8月14日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい