新国立競技場問題は「“冤罪”だ」 森元首相、ラグビー協会の恨み節 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

新国立競技場問題は「“冤罪”だ」 森元首相、ラグビー協会の恨み節

このエントリーをはてなブックマークに追加
提供:スポーツ振興センター

提供:スポーツ振興センター

 だが、同じころ、東京都が20年の東京五輪招致を目指して動き始めた。老朽化していた国立競技場の建て替えは必至で、前年のラグビーW杯でも使えるよう建設計画が立てられた。

 だが結局、計画は白紙撤回。ラグビーW杯には間に合わなくなった。8万人収容の新国立と比べて約8千席少ない日産スタジアムでの開催となると、チケット収入が開幕と決勝の2試合だけでも単純計算で約3億2千万円の損失。大会組織委員会の嶋津昭事務総長は記者団に「ビジネスモデルは厳しくなる」と痛手を負ったことを語っている。

 時系列を追うと、国立競技場の建て替え問題に、ラグビー界が巻き込まれてしまったことがわかる。

 とはいえ、今回のとばっちりは、やはり森氏のキャラによるものかもしれない。

「新国立のこけら落としを、五輪ではなく前年のラグビーW杯としたのは、間違いなく森氏の政治力。そして、計画の白紙撤回に時間がかかったのは、周囲が森氏に遠慮したせいもあると思う」(前出の協会関係者)

(本誌・一原知之、西岡千史、小泉耕平、古田真梨子、森下香枝)

週刊朝日 2015年8月7日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい