北島三郎「紅白卒業は再出発」初の父娘対談で明かす 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北島三郎「紅白卒業は再出発」初の父娘対談で明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
終着駅は始発駅でもある…(イメージ写真) 

終着駅は始発駅でもある…(イメージ写真) 

人生の再設計ガイド 70歳からのお金と暮らし (週刊朝日ムック)

この対談のほか、「相続・贈与/葬式・お墓/健康/住まい」など、“子どもに迷惑をかけない”ために準備しておきたい70歳からのテーマをわかりやすく解説。3世代旅行を楽しめる厳選宿紹介も。A4判変型・128ページ

978-4022770295

amazonamazon.co.jp

 半世紀以上、歌謡界のトップランナーとして走り続けてきた「サブちゃん」こと北島三郎さん(78)。一昨年の「紅白歌合戦卒業」に続いて、今年1月、劇場での長期座長公演にも終止符を打ち、新たなスタートラインについたところだ。その最後の座長公演の舞台を共にした愛娘の水町レイコさん(40)と、はじめての“父娘対談”が実現した。

*  *  *
北島(以下・父):一朝一夕に「北島三郎」になったわけじゃない。寒い思いもしょっぱい思いもしてきた。有名になるとそれを隠す人もいるけど、オレは誇りに思っている。だから堂々と話す。ただし苦労は「売りもの」じゃない。体験談として話すんだ。

水町(以下・娘):ほかにも「出会い、人の縁を大事にしなさい」ってパパとママによく言われたよね。

父:流しをやっていたころ、ちょっと歌を聞いて千円くれた人がいた。3曲100円の時代だよ。「明日、新橋のブルボン(喫茶店)に来なさい」って。半信半疑で行ってみたらその人は日本コロムビアの宣伝部長で、その日に船村徹先生を紹介されて……。人との出会いは大切にしなくちゃね。それが北島三郎のスタートだからね。ひとりじゃ、誰も生きていけない。

娘:私もこの世界で仕事をしていてそう思う。

父:ほかに言いたいこともある。相撲の横綱のように芸事に完成はないということ。立ち止まっているわけにはいかない。「紅白卒業」も長期公演の見直しもすべて再出発。終着駅は始発駅でもあるわけだから。

娘:でも、健康には注意してね。私も背中を見ながらがんばっていきたいと思っているよ。

父:あなたも役者以外に声優もやっているけど、オレにはまねできない。「よくやってる」って思うよ。

娘:何でもチャレンジだよ。

父:オレだって、まだまだやる。この年になったって、若い人や一般の人を見て勉強になることばかり。芸事に完成はない。

娘:こんな元気な78歳、見たことない。

父:試してみようって、いただいちゃうこともある(笑)。いつまでたっても、何かを探しているんだよ。人と出会って何かをあげたり、もらったり。

娘:そんなパパからいつもエネルギー、もらっているよ。

父:あせらないと遅れるし、あせれば疲れる。でも老ける必要はない。ライバルと勝負もしなきゃならない。いくつになっても人は旅人なんだよ。何かを探して歩き続ける。戻ることはできない。いつか立ち止まる日は来るけれど、それまでがんばって歩かなきゃならないんだよ。

週刊朝日  2015年4月10日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい