石川遼、松山英樹がジャンボ尾崎に圧倒的に劣る部分 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

石川遼、松山英樹がジャンボ尾崎に圧倒的に劣る部分

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今や日本のゴルフ界を牽引する存在となった、石川遼選手と松山英樹選手だが、往年のスター・ジャンボ尾崎には「圧倒的に」劣る部分があるという。そう指摘するのはプロゴルファーの丸山茂樹氏だ。

* * *
 やりましたね! 松山英樹がカシオワールドオープン(11月28日~12月1日、高知) で今季4勝目を挙げ、ツアー1年目で賞金王に輝きました。もちろん、史上初の快挙です。

 昨季の米PGAツアーにスポット参戦して賞金シードを獲得し、米ツアー本格参戦をしながらの日本の賞金王。立派というしかありません。しかも史上3人目の2億円突破ですからね。

 さて、僕は一度も日本の賞金王になれませんでした。その座に最も近づいたのが、1997年。自身最多の4勝を挙げたのですが、1807万円差の2位でした。当然1位はジャンボこと、尾崎将司さんですよ。いやあ、ほんとに高すぎる壁でした。ちなみに、「史上初の賞金2億円」はジャンボさんです。

 ぶっちゃけた話、80~90年代の賞金王といまの賞金王を比べたら、昔の方が価値があるでしょう。いまは選手層が厚くなったと言われますけど、中間層が厚くなっただけで、上位はそんなに厚くない。あのころはジャンボさんがいて、(尾崎)直道さんがいて、中嶋(常幸)さんがいて、僕がいて。ほかに外国人選手や、その年ブレークした人なんかで年間20勝ぐらいしちゃう訳です。常にツアーの3分の2ぐらいの優勝をかっさらっていく。

 英樹は年間4勝でしょ? それで2位と7727万円(12月6日現在)も差がつくんですから。今季の試合数はツアー史上最少の国内23試合。もう、走っちゃったモン勝ちみたいなところがある。

 試合数が多ければ、優勝しなくても賞金王になるケースが出てくる。米ツアーのトム・カイトみたいに。一シーズン通じて安定した試合を、しかもケガをせずに続けた証明ですよね。賞金王にはそういう面白さもあるはずなんですけど、現在の日本ツアーでは、そうはいかないんですね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい