共同生活で美肌を目指す 「肌」に特化したシェアハウス 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

共同生活で美肌を目指す 「肌」に特化したシェアハウス

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 近頃、都心などを中心に増え始めている「シェアハウス」。ひとつの家を複数の人と共有して暮らす新しいライフスタイルで、いま注目を集めている。都内の好立地の家をシェアすることで低価格で借りられるほか、様々な人と交流できることからオシャレなライフスタイルとしても人気だ。

 最近では「ペットを飼っている人向け」「自転車に乗る人向け」など、趣味などに特化したシェアハウスも。そんな中、新しいテーマのシェアハウスが登場した。コンセプトは「美肌」だ。

 その名も「beautyシェアハウスby dプログラム」。運営するのは資生堂のブランド「dプログラム」だ。
「dプログラム」は、これまで現代女性が「肌スランプ」に陥る原因の多くが睡眠不足やストレス、食生活の乱れなどの生活環境にあると考え、スキンケアだけでなく、ライフスタイルアドバイスも提供し続けてきた。今回のシェアハウスは、そのライフスタイルの見直しの一環として実施される。

 参加対象は20歳以上の女性。参加者は都内のシェアハウスで1週間生活し、ライフスタイルから美肌を目指す。滞在中は美肌を考えた食材・レシピを採用した「美肌ディナー」が提供され、参加者全員で実際に美肌料理も作る。さらに資生堂のコラボサイト「Beauty & Co. 」参加企業の商品に触れたり、美肌のためのセミナーに参加したりすることもできるという。

 1日だけのスペシャルケアではなく、1週間滞在することによって運動、食事、睡眠などのライフスタイルのコツを見直し、美をはぐくむ生活を体感することを目標とした「テーマ型シェアハウス」といえる。

 参加者は9月10日(月)から10月9日(火)までの期間に募集、10人が選ばれる。参加費は無料で、実際に生活する「ソーシャルアパートメント麻布十番」は麻布十番駅徒歩1分という好立地。朝食、夕食がついており、さらにシェアハウスには生活に必要なものがすべてそろっている。参加者は自分の身の回りのものだけ用意すればいいだけ、という至れり尽くせりぶりだ。

 確かにこれだけ行き届いた環境で生活すれば、ストレスも軽減され、美肌になれそうな気がする。

【関連リンク】Beautyシェアハウスby d プログラム
http://www.beauty-sharehouse.com/



週刊朝日


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい