乳がん患者に共通「カタカナ食」 減らすべきは「マヨケソ」

がん

2012/07/07 07:00

 今、若い世代のがんが増えているという。婦人科系、なかでも乳がんの発症時期が低年齢化しており、若いころからがんを作り出す体になるという、恐るべき現象が起きているそうだ。現場で数千人以上のがん患者の食生活をみてきたという、管理栄養士の幕内秀夫氏は、「乳がんにかかった方は『食』に問題が多い」と話し、乳がんと食生活の関係について次のように指摘する。

あわせて読みたい

  • あなたの食事大丈夫?コロナ禍で気を付けたい 「6つの“こ”食」

    あなたの食事大丈夫?コロナ禍で気を付けたい 「6つの“こ”食」

    tenki.jp

    7/13

    小林麻央さん乳がん公表 「若年性乳がん」は悪性で発見遅れるケースも

    小林麻央さん乳がん公表 「若年性乳がん」は悪性で発見遅れるケースも

    AERA

    6/14

  • ここ10年で進歩 がん患者が子どもを授かるには…

    ここ10年で進歩 がん患者が子どもを授かるには…

    週刊朝日

    5/13

    乳がんや卵巣がんの発症高まる“HBOC”って何?

    乳がんや卵巣がんの発症高まる“HBOC”って何?

    週刊朝日

    8/20

  • 外食に多いリノール酸の取りすぎに注意 油の上手な付き合い方とは?

    外食に多いリノール酸の取りすぎに注意 油の上手な付き合い方とは?

    AERA

    5/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す